仕事がつらい、続かない!HSPの人が向いている仕事、向いていない仕事

HSP繊細な人のイメージ メンタル
  • HSPで仕事が続かないと悩んでいる人
  • HSPで仕事がつらい、しんどいと感じている人
  • 仕事を休みたい、仕事に行けない…

そんな方の為に今回は、HSP気質の人がストレスなく働く為の方法を紹介していきます。

1.仕事がつらい、続かない!HSPの人が向いている仕事、向いていない仕事

何を隠そう私自身もHSP気質の人間でした。なので、仕事に関しても悩みが尽きず、苦労する事が多くありました。そのせい?そのお陰?で、非常に多くの経験をする機会に恵まれました。

仕事に関していうと、数多くの転職を経験してきました。様々な会社で働くことで、色々な視点で物事を見る事が出来る様になったと感じています。※転職に役立つ情報は下記の記事で紹介しています。

そんな様々な経験を元に、今回は「HSPの人が向いている仕事、向いていない仕事」というテーマでお送りしたいと思います。

1-1 HSPの人の特徴とは?

HSPの人の特徴は、一般的には次の様なモノとされています。

  • 悩みやすく、傷付きやすい
    ちょっとした事で悩んだり、傷ついたりしてしまう。
    
  • ストレスを感じやすい
    環境の変化に対して敏感で、ストレスを感じやすい。
    
  • 人の気持ちを汲み取りすぎる
    人のちょっとした表情や、仕草をくみ取ってしまって疲れる。
    
  • 集団での活動が苦手
    人が多い場にいくと疲れる、しんどいと感じる。

HSPの人の中でも、人によって感じ方や苦手な部分に違いがあるかと思いますが、大まかには上記の様な気質の方が多いのではないでしょうか?少なくとも私は100%このような性格です…。

私は数年前に、自分の感じているモノが、大多数の人と違うという事に気が付きました。

それまでは、自分が弱いんだ、逃げているんだ、怠け者なんだと思い、自分自身を否定する様に捉えてしまっていました。

1-2 HSPは病気ではない?変わらない?

HSPは病気や障害ではないそうです。実際に病院に行ってHSPの事を相談したところ「HSPは病気ではありません」、「HSPは生まれ持った性格の様なものです」、「自分に出来る事をやったらいいのでは?」といわれ特に病名を診断される事無く、薬も処方されず、なんの解決にも至りませんでした。

なので、私は自分なりに生き方と考え方を改める事で、たとえHSP気質だったとしてもより良く生きる方法を模索しようとしてきました。

その結果、妻からも「あなたは、HSPじゃない!」と認定されるくらい、積極性のある性格と、自分の気持ちを何よりも優先できる図太い人間に変わる事ができました。

HSPで仕事がつらい、続かないとお悩みの方に参考になればと、私が今までどうやって仕事選びをして来たかを紹介して行きたいと思います。

2.HSPの人が向いてる仕事、向いていない仕事

実際に私も仕事がつらい、休みたいという思いに駆られる事が多く、ひどい時には仕事に行けない…なんて時ありました。そんな中で感じたのは、単純に今の仕事が向いていなのではないだろうか?という事でした。

今までは、自分の我慢が足りないのが原因、自分が考えすぎるのが原因だと考えてしまっていて、結果的に我慢をするという形で自分を納得させていました。HSPという性質を知ってからは、もっと自分位あった仕事をするべきだと考える様になりました。

ここからは、実際に私が向いていると感じた仕事をご紹介いたします。

2-1 上司に干渉されすぎない仕事

私の場合、自分で自由に仕事がしたいという思いが強かったので、やたらと口を出してくる上司がいる職場ではストレスを感じてしまい、しんどくなってしまう事が何度もありました。

その反面、仕事の判断や計画をある程度任される様な職場では、ストレスを感じずに働くことが出来ました。

HSPの人は、創造力が豊かで拘りが強い人が多いので、ある程度自由の利く職場が向いてると思います。

2-2 集団ではなく少人数で働ける仕事

集団で動くとなるとどうしても不満であったり、性格が合わない人というのがいて上手く行きませんでした。どちらかというと、単独もしくは少人数の職場の方が伸び伸びと働く事が出来ました。

HSPの人はどうしても人の顔色が気になってしまったりするので、個人または少人数で動ける職場が向いていると思います。

2-3 職場の人間関係が良好な仕事

いつもピリピリとしていて、緊張感ある職場での仕事は長く続きませんでした。

同じ仕事の内容でも、軽く冗談を言える様な職場だと楽しく仕事ができますが、職場の人間関係がイマイチだとピリピリした空気感を感じ過ぎてしんどくなると思います。

HSPの人は周りの人達の空気感を必要以上に感じ取ってしまう為、職場の人間関係の良さが働きやすさに繋がると思います。

2-4 怖いと感じてしまう様な仕事

以前働いていた職場では、身の危険を伴うような仕事をしていました。
怖いと感じてしまう様な仕事だと、どうしても必然的に作業スピードが遅くなってしまいます。

その結果、上司に怒られる様な場面も何度かありました。

仕事自体が怖い、上司に怒られてつらい…そんなループに入ってしまい退職に至ってしまいました。

2-5 責任の重い仕事は向いていない

ただでさえ敏感で悩みやすいHSP気質の人には、責任の重い仕事は向いていません。
実際に私も大きな仕事を任される事があった時に、「これを失敗してしまうと大規模な損害を会社に与えてしまう…」というプレッシャーを感じてしんどくなる事がありました。

HSPの人は、「自分が失敗すると周りの人にも迷惑をかけてしまう…。」という気持ちが強いので、責任の重い仕事や、責任を負う様なポジションでの仕事は不向きかと思います。

3.HSPの人におすすめな仕事は?

HSPの人におすすめな仕事をまとめると次の様になります。

  • 上司に干渉されすぎない仕事
  • 集団ではなく少人数で働ける仕事
  • 職場の人間関係が良好な仕事
  • 怖いと感じてしまう様な仕事
  • 責任が重くない仕事

3-1 仕事の内容よりも人間関係に起因する

どの職種が向いている!というよりは、同じ職種でも職場によって変わってくるというのが正解だと思います。

結局の所、HSPの人が向いている仕事、向いていない仕事は、職場の人間関係に起因するモノがほとんどだと思います。

3-2 自分が得意な事を仕事にする

勿論、自分に合わない内容の仕事をやるとなると、モチベーションがあがりませんし、良い結果も出せません。その結果、上司から叱責を受ける事もあります。(実際にありました…。)

そうならない為には、自分が得意な事を仕事にするのがベストです。

苦手な事を上手くやれる様になるのはめちゃくちゃ大変です。
自分の中で得意な分野を探してそれを仕事にするのがオススメです。

HSPな私が実際にやった転職活動の方法は下記の記事で紹介しています。

4. まとめ

今回は「仕事がつらい、続かない!HSPの人が向いている仕事、向いていない仕事」をテーマにお送りいたしました。HSPという性質を生かすも殺すも自分次第です。皆さんが天職に出会われる事を心より願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました