ハローワークと転職サイト、おすすめはどっち?求職方法の違いは?

就活転職にオススメな記事とアプリ 転職

1.ハローワークと転職サイト、おすすめはどっち?求職方法の違いは?

この記事は、次の様な方に参考にして頂ける内容です。

  • おすすめな転職活動の方法が知りたい人
  • ハローワークと転職サイトどっちがいいのか知りたい人
  • ハローワークと転職サイトの違いが知りたい人

今回は、自称転職マスター(転職回数数知れず)の私が「おすすめの転職活動の方法」をご紹介いたします。是非隅々までご覧いただき、就職、転職活動の為の参考にして頂ければと思います。

2.主な転職活動の方法はこの4つ!

転職活動の方法と一言で言っても、実に様々な方法があります。
ここでは一般的な転職活動の方法をご紹介いたします。

■主な転職活動の方法

  1. 転職サイトに登録、応募する方法
  2. ハローワークの求人に応募する方法
  3. 新聞やチラシ、フリーペーパーで応募する方法
  4. 親、友人、知人の紹介で就職する方法

2-1 転職サイトに登録、応募する方法

まず一つ目は、doda等の転職サイトを利用する方法です。登録すれば、キャリアカウンセリングや履歴書、職務経歴書の書き方、面接のアドバイスなども受ける事が出来ます。

特に未経験の職種への転職の相談がオススメです。実際私も、未経験の職種への転職を検討していた時に、小1時間ほど電話で相談させて頂きました。

非常に親切で丁寧な対応だったので安心して相談する事ができました。

※完全無料で登録、相談、応募が可能です。

求人情報、転職支援サービスdodaはこちら
 →無料転職支援サービス

2-2 ハローワークの求人に応募する方法

次は、ハローワーク(職業安定所)を通して求人に応募する方法です。
職業相談や、面接の受け方、履歴書の書き方等のセミナーもあるので総合的な就職活動が出来ます。

インターネットによる検索サービスも充実しています。ハローワークに出向かなくても、自宅でリアルタイムな求人検索が可能です。

以前だと情報の更新にズレがありましたが、現在のシステムに変わってからリアルタイムの検索が出来る様になりました。

ハローワーク求人のメリットは、待遇の詳細が明記されている点です。がしかし、その反面求人サイトなどに記載されている年収の表記がない場合が多く、年収が知りたい場合は自分で計算する必要があります。

そこでオススメなのが「年収計算、比較アプリ」です。カード型のリストで年収の計算や、年収の並び変えを行う事が出来ます。無料で使えるので試してみてはいかがでしょうか?

年収計算アプリの詳細はコチラ
 →https://hirosyland.com/hellowork-nensyuu/

2-3 新聞やチラシ、フリーペーパーで応募する方法

次は、新聞や折り込みチラシ、フリーペーパーの求人広告に応募する方法です。
ネットの求人情報より地元密着度高めの情報が手に入ります。

詳細が書かれていない場合が多く、基本的には自分で会社に電話して応募するスタイルとなります。

細かい待遇に関しては、実際に自分で問い合わせたり、面接に出向いて質問したりと、やや手間のかかる方法です。細かい事は気にせず「とにかくやってみる!」というスタイルの方向けの就活方法です。

2-4 親、友人、知人の紹介で就職する方法

最後は、親や友人、知人の紹介による転職する方法です。所謂コネ、ツテというヤツですね。
この方法のいい所は、「会社の雰囲気、働きやすさなどがわかる」という所でしょう。

逆に合わなかった時に辞めづらいといったデメリットもあります。

3.ハローワークと転職サイトどっちがいいの?違いは?

転職活動を行う場合、先ほどご紹介した「主な転職活動の方法」のどれかで就職活動を行う事になるかと思います。

一番おすすめな転職活動の方法は「自分に合った方法」です。

何故なら転職活動の方法には、それぞれ良い点と悪い点があるからです。自分の仕事の探し方に合った方法、転職活動方法の違いをよく見極めて効率よく転職活動を進めましょう。

3-1 役職での転職、専門職での転職を希望する人にオススメ

役職や専門職での転職を希望されている場合は、転職サイトがオススメです。

※転職サイトでは専門的な職種、経験豊富な優秀な人材向けの求人が多い傾向にあります。ハローワークの求人では、あまり見ない様な人材を募集されています。

求人情報、転職支援サービスdodaはこちら
 →無料転職支援サービス

3-2 幅広い職種での転職を希望する人にオススメ

幅広い職種での転職活動を行いたいなら、「転職サイト」か「ハローワーク」がおすすめ。

※ハローワークの求人では、未経験可の求人も沢山掲載されています。転職サイトでは、専門のキャリアカウンセラーによる相談が無料で受けられたりするのでオススメです。

3-3 スピード重視で選びたい人にオススメ

スピード重視で、「なんでも来い、どんな仕事でもやってやる!」という方なら「新聞やフリーペーパーの求人広告」での転職がオススメです。

※慎重に選びたい方にはあまりオススメしません。

3-4 職場の雰囲気や条件にこだわる人にオススメ

職場の雰囲気や細かい条件等にこだわりがある場合は、友人知人のツテやコネでの転職がオススメです。

※友人や知人がすでに働いてる会社なら、職場の雰囲気や細かい内部の情報も手に入りやすいです。

4.転職活動で役に立つ関連記事の一覧

ここでは転職活動に役立つ就職活動関連の記事をご紹介いたします。

求人情報、転職支援サービスdodaはこちら
 →無料転職支援サービス

5.まとめ

今回は「ハローワークと転職サイト、おすすめはどっち?求職方法の違いは?」をテーマにお送りしました。自分にあった転職活動の方法を探す手がかりにしていだければと思います。

皆さんの転職活動が成功しますよう心より願っております。

求人情報、転職支援サービスdodaはこちら
 →無料転職支援サービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました