HSP、不安症はマインドフルネスで鈍感になる?果たして治るのか?

HSP、不安障害持ちがマインドフルネスをやってみた結果と体験談 メンタル

この記事では、下記の様な方に参考にして頂ける内容を紹介します。

  • HSPが鈍感になる方法を知りたい方
  • 不安症気質を治るものなら治したいという方

1.HSP、不安症はマインドフルネスで鈍感になる?果たして治るのか?

今回は、タイトル通り「HSP、不安症気質の人がマインドフルネスをやると鈍感になれるのか?をテーマにみなさんにお届けします。

まずは、私の自己紹介的な感じでHSPと不安症気質についてザックリと説明させていただきます。

1-1 色んな刺激に対して敏感に反応してしまう

HSPとは、病気ではなく性格です。英語で「ハイリー・センシティブ・パーソン」直訳すると「とても、敏感な人」という意味だそうです。人の気持ちに敏感であったり、音に敏感であったりする性格だそうです。

私が思うHSPの特徴は、基本的に他者の感覚に対して敏感な性質を持っている事だと思います。周りの人々に些細な言動や振る舞いに過剰に反応してしまって疲弊してしまう、という感じでしょうか。

1-2 未だ見ぬ未来を勝手に予測して不安を感じてしまう

一言で不安障害といっても色々と種類がある様で…。私の場合は、全般性不安障害というモノらしいです。例えば、海でサメが出そうで怖かったり、山で熊が出そうで怖かったりします。

私の場合、めちゃくちゃひどい症状が出る!っという感じではありませんが、ぼんやりと「不安感」を感じやすい傾向にあります。その反面、想像力や発想力には自信があったりします。

2.HSPがマインドフルネスをやって鈍感になるのか試してみた

私がマインドフルネスを実際にやってみて感じたポイントを紹介します。

私がやったマインドフルネスの方法はコチラの過去記事で詳しく紹介しています。
https://hirosyland.com/mindfulness-yarikata/


■マインドフルネスをやってみて感じた改善ポイント

主に感じた改善したポイントは次の3つです。

  1. 悩みやすさを改善する事が出来た
  2. 気持ちの波を穏やかにする事が出来た
  3. 物事を多角的に見れる様になりプラス思考になった
  4. 色々なアイデアが思いつく様になった

一つ一つ詳しく実際の体験談を交えながら、マインドフルネスをやってみた結果を紹介します。

2-1 悩みやすさを改善出来た

マインドフルネスをやる前は、「あの人にどう思われているだろう…」とか、「言い方がまずかったかな…」みたいな感じで、その日の出来事を寝る直前まで思い出して考えてしまう事がありました。

人の気持ちや世間体を気にしすぎていたと思います。人の気持ちとかって「自分の力でどうにかしよう!」と思ってもどうにもならないので、どんだけ考えても結果が出ず、結局「モヤモヤ」してしまっていました。

それがマインドフルネスをやるようになってからは、「気持ち」と「現実」の分離が出来るようになりました。

例えば以前なら、仕事で大事な会議があった時「自分が発言した内容が適切だったのだろうか…」と家に帰ってからも考えてしまって、しんどくなる事が多々ありました。

マインドフルネスをやる様になってからは、「今は今」「過去は過去」みたいな感じに考えられる様になり、「その時に最善だと考え行動した事なら、思い返して悩んでも仕方がない。今現時点で考えるべき事ではない!」っと思えるようになりました。

2-2 気持ちの波を穏やかにする事が出来た

以前は、他者の言動に一喜一憂してしまっていました。例えば、「車の運転中に嫌な目に合うと、心が乱れて一日中イライラと不安感を感じながら過ごしてしまう」なんて事がよくありました。

でも、マインドフルネスをやる様になってからは、深呼吸を一回するだけで気持ちの波が「スーッと」消えて穏やかになっていくのを感じました。

この時の体験で、HSPや不安症の人は、現実ではなく想像の心配をしすぎているのだなと感じました。今現在ではなく、過去や未来の事で思い悩む必要はないと思いました。「大切なのは今でしょ!」っというのをマインドフルネスに教えてもらった感じです。

2-3 物事を多角的に見れる様になりプラス思考になった

マインドフルネスをやってみて変わった事の核となる部分がズバリコレな気がします。

以前は、「あの人はこう思ってるかもしれない」「言い方がまずかったかもしれない」「現状は最悪だ」みたいに、めちゃくちゃ物事をピンポイントでしか捉えられていなかった様に感じます。

でもマインドフルネスをやってからは、「ん?これって、こうかも知れない!」みたいな、今までは見えてなかったモノが見える様になった様に感じました。その事で、自然にプラス思考な考え方が出来る様になりました。

「プラス思考に考えないと…」と無理やり考えるプラス思考ではなく、自然にプラス思考な考えが出てくる感じです。こうなれば人生はハッピーモードに切り替わります!

2-4 色々なアイデアが思いつく様になった

色々な面を見られる様になったので、色々なアイデアも思いつく様になりました。職場では業務改善のアイデアを思いつけたり、プライベートでもいろいろなアイデアを駆使して楽しめる様になりました。

元々アイデアとかモノを作り出すのは得意だったというのもありますが、それがマインドフルネスによってレベルアップした感じです。

HSPは病気ではなく生まれ持った性格だから変わらないと言われますが、私は考え方や感じ方が変われば、多少なりとも敏感さは気にならなくなるのではないかと思います。

■私の書いた本の紹介

※Amazon Kindle Unlimitedなら0円で読めます!
Kindle Unlimited30日間無料体験はコチラ

3.まとめ

今回は「HSP、不安症はマインドフルネスで鈍感になる?果たして治るのか?」をテーマにお送りいたしました。マインドフルネスってこんな効果があるんだ!やってみようかな!っと思って頂ければ幸いです。


■マインドフルネスをやってみて感じたポイント

  1. 悩みやすさを改善する事が出来た
  2. 気持ちの波を穏やかにする事が出来た
  3. 物事を多角的に見れる様になりプラス思考になった
  4. 色々なアイデアが思いつく様になった

私がやったマインドフルネスの方法はコチラの過去記事で詳しく紹介しています。
https://hirosyland.com/mindfulness-yarikata/

※今回紹介した方法と効果はあくまで私の主観で感じた内容です。かならずしも効果がでるというモノではありません。あくまで参考としてお読みいただくようお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました