【優柔不断の直し方】もう迷わない!第二の脳で簡単に決める方法!!

決断力をつける メンタル

1.【優柔不断の直し方】もう迷わない!第二の脳で簡単に決める方法がオススメです!

  • ご飯を食べに行って、注文する時にいつもなかなか決められない
  • 人生で選択を迫られる場面で、迷ってしまってなかなか決められない

そんな風になかなか物事を決められないのは、つらいですよね?
プライベートな事なら、まだ支障がないかもしれませんが、仕事となると決断力の早さが求められるので、さらにつらいかと思います。

そこで今回は、なかなか物事が決められない方に有効な優柔不断の直し方を紹介したいと思います。

2.優柔不断とは?

まず、優柔不断の定義とデメリットを見て行きましょう。

  • 優柔不断とは?
  • 優柔不断のデメリット
  • 私の優柔不断具合

2-1 優柔不断とは?

ぐずぐずして、物事の決断がにぶいこと。また、そのさま。▽「優柔」はぐずぐずしているさま。

三省堂 新明解四字熟語辞典より

とあります。

そして、優柔不断であるが故に生じるデメリットがあります。

2-2 優柔不断のデメリット

■優柔不断のデメリット

  • チャンスを逃してしまう
  • 幸せを逃してしまう

チャンスを逃してしまう

「どうしよう?」とあまりにも迷ってしまうと、折角のチャンスを逃してしまう事になります。絶好のチャンスは、多くの場合、選択する猶予が短い傾向にあります。

例えば、就職活動の場合なら、条件のいい求人には多くの応募者が殺到します。
「あぁ、どうしよう」と決めかねていると、求人の募集が締め切られてしまうかもしれません。

選ぶ時間に余裕がある場合は構いませんが、多くの選択には「有効期限」があります。

状況は常に変化しています。その変化についていけるようなスピード感を持って選択をしなければなりません。

幸せを逃がしてしまう

状況が常に変化していると言いましたが、これは人の心も同じです。ずっと同じ気持ちでいる事は、人間にとって非常に困難です。

あなたに好意を抱いている人が、ずっとあなたに同レベルの好意を持ち続けれるでしょうか?彼が思い切ってプロポーズしたのに、あなたが「どうしよう」と何年も返事をしなければ、彼の気持ちも冷めてしまうかもしれません。

2-3 私の優柔不断具合

何を隠そう私も優柔不断な人間でした。ご飯を食べに行こうものなら、大抵二つにまでは絞れるのですが、これに決めた!っという力強い決断がなかなかできませんでした。

優柔不断で悩んでいる人は、恐らくこのタイプではないでしょうか?

3.優柔不断な人は、なぜ決められないのか?

なぜ優柔不断な人は決められないのでしょうか?
例えば、ご飯を食べに出かけて何を注文するか迷っていたとします。

  • これを頼んだとして、実は頼まなかった方が美味しいかもしれない
  • これを頼んだとして、もう一つの方を頼まなかったのを後悔するかもしれない
  • できるだけ美味しく満足のいく食事をしたい

メニュー表を見て悩んでいる優柔不断の人の頭の中では、こんな雑念が渦巻いているのだと思います。

3-1 重要な選択だと捉えているから

それはアナタが、その事柄において「よりよいモノ」を追い求めているからです。どうでもいい事なら、おそらく1秒で答えが出せるはずです。

例えば全く興味のない男性に「この服とこの服、どっちが僕に似合う?」と聞かれたらどうでしょう?

「うーーん、悩むなぁ、こっちが○○だからこっちの方が・・・」とはならないと思います。

おそらく即答で「こっちかな?」と指を指して終了です。

それがもし、大好きな彼とのデートに来ていく服だったとしたらどうでしょう?
「あれでもない、これでもない」っと時間をかけて、じっくり着ていく服を選ぶのではないでしょうか?

3-2 未来の事を考えすぎてしまっているから

優柔不断になる原因は、ズバリ、未来の事を考えすぎてしまっているからです。

  • これを頼んだとして、実は頼まなかった方が美味しいかもしれない
  • これを頼んだとして、もう一つの方を頼まなかったのを後悔するかもしれない
  • できるだけ美味しく満足のいく食事をしたい

こんな風に考えている時に、あなたが見ているのは「未来」です。
今現在、コレが食べたいという想いに「未来の想像」をプラスしてしまい、その結果「優柔不断」が発生してしまっている訳です。

3-3 人の気持ちを考えすぎているから

未来を考えすぎていると説明しましたが、次に多いのが「人の気持ちを考えすぎている場合」です。

「自分はこうしたい」という想いに「あの人はどう考えるだろう」という考えがプラスされてしまい、結果的に「どうしたらいいのかわからない」という状態に陥るパターンです。

3-4 スピードの重要性を認識しよう

さきほどお話したように、迷ってしまう、決められないのは「よりよいモノ」をその事柄に求めているからです。例えば学生ならば進路が決められない、女性ならば結婚相手が決められない。

そう悩んでしまうのは当然です。学生ならば将来を決める上で進路の選択は重要ですし、女性ならば将来を素敵な人生にする為に、素敵な旦那さんを決める必要があります。

私は優柔不断で、いつも迷ってばかりでダメだとは思わなくても大丈夫です。自分の素敵な未来の為に、慎重に物事を選択しているだけなんですから。

結婚や、進学、就職の選択はとても重要で、慎重に選択する必要があるでしょう。

しかし、食事や買い物など、普段の行動で悩んでしまうのは、非常に勿体ないです。

時間は有限です。そして、チャンスもまた有限だからです。

それでは、実際に優柔不断を治す方法を説明して行きたいと思います。

4.優柔不断の直し方

その方法とは、ズバリ「もう一人の自分、もう一つの脳に相談するです」。

え、どういう事!?多重人格?え?と困惑しなくても大丈夫です。
説明していきます。普段私達が、物事を判断したり、判別したりしているのは「脳」です。

悩みのも考えるのも、悲しむのも楽しむのも脳です。そしてもう一つの脳とは「丹田」です。

4-1 丹田とは

丹田(たんでん)とは、へその下あたりの名称です。
丹田は気の世界では「第二の脳」と呼ばれています。

そして丹田には、脳と同じように複雑な神経網があるとされています。

4-2 丹田が優柔不断に効果的な理由

普段、考えたり、悩んだりする為に使う脳は、多くの雑念を発生させます。
高機能がゆえに「未来はどうなるのだろう?」「あの人はどう思うだろう?」と様々な思考を発生させます。その結果「どうしたらいいの?」という思考に陥ってしまいます。

その点、第2の脳(丹田)は意識とは無関係な独立する神経回路であるといわれています。その為、丹田を意識する事で「未来予測ではなく今この時点」「人の気持ちではなく自分の気持ち」に意識を集中する事が出来ます。

※ヨガや瞑想でも、この丹田を意識する方法が多くとられています。

4-3 第二の脳で優柔不断を解決する

あなたが選択を迫られる場面で、いつもの様に必要以上に悩んでしまったとしましょう。
そうしたら頭の中で考えるのを少しやめて、一回深呼吸をします。

そして、第二の脳である丹田(へその下)を意識して判断を仰いでみてください。
「今、どういう風に感じるか?」「どっちを選択するべきか?」と・・・。

どうでしょう?以前より、頭の中がクリアになって、物事を冷静に選択できるようになったのではないでしょうか?

正直私は、科学者でも気功を嗜む身でもないので、丹田に本当にそんな力があるのかは疑問ですが、悩んでいる時というのは、自分自身の視界が物凄く狭まってしまっていると思います。

そんな状態から抜け出すには、一旦落ち着いて深呼吸をして、物事を客観的に見るの事が大切だと思います。その事から、深呼吸をして丹田の声に耳を傾けるように答えをだす、という方法が有効なのではないかと思います。

4-4 あとは決断するだけ!

第二の脳に選択を聞くことで、冷静に選択を判断できるようになったと思います。
次に必要なのは、「あなたの決断」です。

パソコンで言うならば「エンターキー」の様なモノです。

  • これがダメだっとしても、またやり直せる!
  • この決断が失敗だったとしても、次に生かせるからOKだ!
  • この決断で人生が決まる訳ではない!
  • チャンスは今回で終わりではない!次もある!

こう考える事で決断する事に、罪悪感も不安もなくなるでしょう。
「優柔不断を直す」一番の方法は「思い切り」です。

5.まとめ

もし、あなたが必要以上に優柔不断で悩んでしまうことがあったら、その時は是非、今回紹介した方法を試していただければと思います。

■優柔不断のデメリット

  • チャンスを逃してします
  • 幸せを逃してしまう

■優柔不断になる理由

  • 未来の事を考えすぎている
  • 人の気持ちを考えすぎている

■丹田が優柔不断に効果的な理由

  • 今現在に意識を集中できる
  • 自分の気持ちを優先にできる

■関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました