自分ばかり損をする!?仕事、私生活で人に舐められない人になる方法

自分ばかり損をする!?仕事、私生活で人に舐められない人になる方法 自己啓発

この記事では、「いつも人になめられる…。」「仕事中に職場でなめられる…。」という風に人になめられて「いつも自分ばかり損をする!」と悩んでいる方に参考にして頂ける内容をご紹介します。

1.自分ばかり損をする!?仕事、私生活で人に舐められない人になる方法

普段生活をしていて街を歩いている時、もしくは、職場で仕事をしている時、なぜかいつも自分だけ舐められる…。そんな事ありませんか?

そんな状況に陥ってしまっている人はいつも「なんで自分はいつも人に舐められんだろう?」、「自分のどこが悪いんだろう?」と悩むことに時間を費やしてしまっているかもしれません。

そこで今回は、そんな皆さんの為に「人に舐められない為の方法」をご紹介いたします。今回紹介する舐められないようにするコツがわかれば、仕事や私生活でも自信をもって楽しく過ごせる様になります。是非、この記事を最後まで読んで参考にしてみて下さい。

2.人に舐められないようにするコツと方法①性格を改善する

ここでは、「人に舐められない様にするコツと方法①性格を改善する」を解説して行きたいと思います。具体的な方法と「舐めれる理由」も詳しく解説していくので、是非参考にしてみてください。

2-1 なめられる人の性格

まず、自分の性格を考えてみましょう。人になめられやすい人の性格としては、「優しい人」、「穏やかな人」、「物静かな人」、「暗い人」、「おとなしい人」などが挙げられます。

学校や職場では、上記の様な性格の人は、明るく活発な人よりも舐められやすくなります。

人に優しく、真面目に生きているのに舐められるなんて、バカバカしいですよね?実際、私もどちらかというと大人しい人間なので気持ちは良くわかります。私も自分が優しい人間だという事に自信があったので、優しさを失くしてまで人に媚びるのは嫌だと考えていました。

がしかし、人になめられるは「優しいから」ではありませんでした。

2-2 性格を変えて舐められないようにする方法

「優しいから人に舐められる。」は半分正解で半分不正解です。実際に、ものすごく優しいけど、人に舐められないという人も存在します。なので本当の原因は優しさではありません。

実際、私が働いていた職場でも「めちゃくちゃ優しい人」がいました。おそらく私が今まで出会った人の中で一番優しいんじゃないかと思うくらいです。そんな彼ですが、「人に舐めれる」という事はほとんどありませんでした。

そんな彼の性格は「優しい」、「ハキハキしている」、「自分の意見を言う」、「素直」といった性格でした。

優しさというと「自分より人の事を優先する」だったり「人の気持ちを汲み取って言いたい事を我慢する」という事だと思っていませんか?私も以前はそう考えてしまっていました。でもよくよく考えると、その優しさだと「本当に人の為になるか?」と言われると違う気がします。相手からしてみると「何を考えているのかわからない…。」と思われてしまったり、行動的な人からすると「はっきりしてくれよ!」とイラつかせてしまったりします。

なので、人に舐められない様にするには「正しい優しさ」を持つ事が重要になって来ます。

優しい彼を参考にして考えてみると、なめられない人になる為には、「ハキハキして、自分の意見を言いつつも素直でいる事」が重要だという事です。これが出来れば、人に舐められることは少なくなるはずです。

■私が実践した方法は下記の記事で詳しく解説しています

→弱い自分が嫌になる…?今の自分を変える為の方法と具体的な手順とは

3.人に舐められないようにするコツと方法②見た目を改善する

次に紹介するのは、「見た目を改善して人に舐められないようにする方法」です。

「人は見た目よりも中身が大事だ!」という事を言われたりする事がありますが、普段、自分以外の人間を見る時に一番初めに入ってくる情報は「見た目」です。

これは、人間が目で見て考えて行動するという生き物である以上、避ける事が出来ない事実です。とはいえ、見た目は自分次第で変える事が出来る部分も多いので、ここで紹介する方法を参考に是非とも「人になめられない見た目」を目指して頂ければと思います。

3-1 人になめられる見た目①猫背

人になめられる見た目1つ目は「猫背」です。

猫背だとどうしても、「気が弱そう」「自信がなさそう」「暗そう」といったマイナスな印象になります。なので、出来るだけ胸を張る様にします。胸を張っていると自信があって性格的にも強そうな印象になります。まずは、嘘でもいいので自信がある様に胸を張るようにすると良いでしょう。

とはいっても元々猫背だった人が、無理矢理姿勢を良くしようとすると腰を痛めてしまったりする可能性が高くなります。そんな時は、下記の記事を参考にストレッチをする様にしてください。

→バランスボールで猫背を改善し腰痛を予防!座るだけで体幹を鍛える方法

3-2 人になめられる見た目②筋肉がない

人になめられる見た目2つ目は「筋肉がない」です。

筋肉がないヒョロっとした体形や、ポチャッとした体系だとどうしても舐められやすくなります。人間も動物なので、本能的に相手が自分よりも強いか弱いを判断しています。

街を歩いていても、ゴリゴリのマッチョと、ガリガリの細い人とでは、感じる印象や対応も変わってくるかと思います。

体系に関しては自分の努力次第で改善が可能です。

例えば、胸板が分厚ければ屈強な印象になります。肩幅が広ければればたくましい印象になります。ヒョロっとした細い首の人なら、首を鍛えれば男らしく強い印象になります。

■筋トレが趣味の私がオススメする方法は下記の記事で紹介しています。

→【自宅で出来る大胸筋の鍛え方】ベンチプレスの代わりになる家トレ法

→首が細い男はモテない?自重で鍛える「首を太くする筋トレの方法」

→【自宅で筋トレ】自重で肩幅を広くする方法!肩幅を広くしたい人必見

→【手首を太くする方法】腕が細くて時計が似合わない男性必見!

筋トレで筋肉を付ければ、筋肉だけでなく自信をつける事も出来ます!

3-3 人になめられる見た目③イケメンじゃない

人になめられる見た目3つ目は「イケメンじゃない」です。

これは主に異性から舐められる事が多い理由になります。イケメンと非イケメンでは、対応がまるで違うという事が起こりやすくなります。

ただ、ここでいうイケメンは単に顔が整っているという意味ではなく、清潔感があったり、他者への気配りなど出来る人を含むイケメンの事です。

例えば、服装やヘアスタイルは自分で変える事が出来ます。もっと基本的な所で言えば、体臭や口臭を気にせずにいるか、ちゃんと気を使って清潔にしているかどうか?という様な事でも変わってきます。

なので、異性から舐められる事が多いという人は「イケメン」を目指すようにしましょう。

■イケメンになる為の方法は下記の記事で詳しく解説しています。

→どんな男性でも大丈夫!ブサイクからハンサムなイケメンになる方法!

4.まとめ

今回は、「自分ばかり損をする!?仕事、私生活で人に舐められない人になる方法」というテーマでお送りいたしました。人になめられる人生から脱却したい人はぜひ試してみてください。

当ブログでは、この他にも人生に役立つ情報を多数配信しています。そちらも宜しければご覧頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました