ブラインドタッチできない人は嫌われる?初心者向けのタイピング練習方法

ブラインドタッチ出来ない人は嫌われる?初心者向けのタイピング練習方法 IT系

この記事では「タイピングが全然できない」「ブラインドタッチが出来ないとパソコンのタイピングで悩んでいる人に参考にして頂ける「タイピング初心者向けの練習方法」をご紹介します。

1.ブラインドタッチできない人は嫌われる?初心者向けのタイピング練習方法

IT関連、事務職といったパソコンをメインで使う職種以外でも、仕事中にパソコンを使う場面はよくあると思います。そんな時に「えーっと…」左手人差し指で「ポチ…」、右手人差し指で「ポチ…」意気揚々に人差し指で「エンターー!!」なんて事をやってしまっていませんか?

「パソコンとか苦手なんだよねー」っと笑顔でごまかしてしまっていると、同僚や部下に「○○さん全然パソコン使えないよね…」「いやむしろ○○さん自体使えないよね…」と陰口を叩かれてしまうかもしれません。

1-1 タイピングが出来ない人がヤバイ理由①

タイピングが出来ない人がヤバイ理由1つ目は、出来る人の方が多くなっているからです。

私の体感では、特に年配の方にブラインドタッチタイピンが出来ない人が多い印象です。年配の方の場合「タイピングが出来るのはパソコンに詳しいごく一部の人」というイメージがあるかもしれません。

がしかし、今は、例えばオンラインゲームをやっている人であったり、副業でWEBライターをやっている人、プログラミングスクールに通っている人など、ごくごく普通の人でもある程度タイピングスキルがある場合が多くなってきています。

年配の方だと、そもそも学生時代にパソコンの授業が無かったという人もいるかもしれません。しかし、昨今では小学生でもプログラミングを学んだり、タブレットを使いこなしているというのが現実です。

なので、タイピングが出来ない人は「時代について行けていない人」という風に見られてしまう可能性があります。※スマートフォンに関しては赤ちゃんでも使いこなしています。

1-2 タイピングが出来ない人がヤバイ理由②

タイピングが出来ない人がヤバイ理由2つ目は、時代がテクノロージー化しているからです。

今までは「うちはITとは一切関係の無い職場だから、自分には無関係だ!」と思っていたかもしれませんが、これからの世の中は業種に関わらず、AI化や自動化など様々な最先端テクノロジーが職場に導入されて行く可能性があります。

専門的な知識までは必要ないかもしれませんが、ソフトを扱う為の基本中の基本となるタイピングスキルは身に付けておいて損はないはずです。

「自分は出来ないから若い人に頼む」というのを毎回やってしまうと、自分の市場価値、存在価値をどんどん下げてしまう事になります

1-3 タイピングが出来ない人がヤバイ理由③

タイピングが出来ない人がヤバイ理由3つ目は、タイピングが遅いと仕事が遅いからです。

以前、私が働いていた職場でもタイピンが極端に遅い上司がいました。パソコンの入力をしたり書類を作ったりする仕事の場合、タイピングの速さが仕事の速さに直結する事になります。

そうなると、タイピングが極端に遅い上司は極端に仕事の遅い上司という事になってしまいます。

今は長時間労働の是正や、働き方改革など、業務の効率化が推進されています。「みんな定時で仕事を終える様に頑張ろう!」という時に、あなたのタイピングが遅いせいで業務が滞ってしまう可能性もあります。そうなってしまうと、人事評価もマイナスで部下からの信用も失ってしまうかもしれません。

なので、「自分はタイピンが出来ない!」と諦めずに、この後解説する初心者向けのタイピング練習方法を試してみて下さい。

2.ブラインドタッチができない人の為のタイピング練習方法

ここからは、「ブラインドタッチが出来ない人の為のタイピング練習方法」を解説して行きます。基本的にはタイピングが出来る=ブラインドタッチ(キーボードを見ずにタイピングする事)が出来るという事になります。※手元を見てしまうと誤字や脱字に気が付くのが遅くなってしまいます!

ブラインドタッチは決して難しいモノではありません。ちょっとした慣れなので練習すれば出来るようになります。

2-1 タイピングが出来ない人の為の練習方法①

まず大前提に、タイピングをする時は「ローマ字入力」を使用します。タイピングが出来ない人の場合、ローマ字入力自体に慣れていない可能性があります。なのでローマ字に自信が無い場合は、ローマ字入力の基本からじっくりと練習できる下記のタイピング練習ソフトで練習する方法がオススメです。

■下記の記事で具体的な使用方法を解説しています。

→小学生向け無料タイピング練習ゲームでブラインドタッチをマスター!

2-2 タイピングが出来ない人の為の練習方法②

上記のタイピング練習ソフトで、ある程度キーボードの配置がわかるようになれば、次は本格的な日本語文章のタイピング練習が出来る「無料のタイピング練習ソフト」での練習がオススメです。

ブラインドタッチタイピングが出来ない原因は「キー配列を覚えていない」、「手元を見る癖がついている」、「タイピングに慣れていない」などが考えられます。これらの原因を解消する具体的な初心者向けのタイピング練習方法を下記の記事で詳しく解説しています。

→タイピングが全然早くならない人必見!ブラインドタッチ練習無料アプリ!

無料で使える実践的なタイピングソフトです。タイピングが出来ないと悩んでいる方に最適な様々なタイピング練習機能が搭載されています。

2-3 タイピングが出来ない人の為の練習方法③

ここまでで紹介したタイピング練習ソフトで練習すれば、ある程度のレベルまで到達する事が出来ると思います。とはいえ、1日2日で簡単に身に付けられるモノではありません。毎日最低1回もしくは、2回。出来れば10分20分程度やれば、かなりタイピングスキルは上がると思います。

まずは、基礎的なレベルまで到達できる様に頑張って下さい。ある程度タイピングが出来る様になって、「ブラインドタッチも余裕だ!」という状態になれば、次はスピードを早くする練習をしてみましょう。

タイピングスピードを上げたい場合は、下記の無料タイピング練習ソフトがオススメです。

■使い方は下記の記事で詳しく説明しています。

→伸び悩みに効く!ブラウザで遊べる無料対戦型タイピング練習ゲーム!

パソコンでの事務作業、文字入力作業を行う上では、一般的には速さが4~5文字/秒位でタイピングが出来る様になればOKかと思います。

慣れるまでは、今までの打ち方よりも遅くなったと感じるかもしれません。とはいえ間違った方法だと後々伸びにくいので、今のうちにしっかりと時間をかけてでも正しいタイピング方法を身に付けるようにしましょう!

3.まとめ

今回は、「ブラインドタッチできない人は嫌われる?初心者向けタイピング練習法」というテーマでお送りいたしました。タイピンが出来ない…と悩んでいる方は是非この機会にブラインドタッチをマスターして下さい。慣れてしまえばなんて事はありません。1日数分でいいのでタイピングの練習を続けてみて下さい。

■おすすめ関連記事

パソコンの入力が遅い人はタイピング練習ゲームで給料を上げよう!

タイピングが全然早くならない人必見!ブラインドタッチ練習無料アプリ!

小学生向け無料タイピング練習ゲームでブラインドタッチをマスター!

伸び悩みに効く!ブラウザで遊べる無料対戦型タイピング練習ゲーム!

コメント

タイトルとURLをコピーしました