家事をしながら痩せる!筋トレダイエットエクササイズの方法とは?!

家事をしながら痩せる!筋トレダイエットエクササイズの方法とは?! ダイエット

この記事では、「最近、家事や仕事が忙しくて運動できてないな…」という方、「家事をしながら出来る簡単なダイエット方法ないかな?」という方にオススメな、家事をしながら出来る筋トレダイエットのやり方をご紹介します。

1.家事をしながら痩せる!筋トレダイエットエクササイズの方法とは?!

「毎日家事や仕事が忙しくて運動が出来ない!」そんな風に感じてる人は多いのではないでしょうか?そのせいで、最近太ってきたなとか、体が重くなってきた…と嘆いてる方に朗報です!

今回は、毎日やる家事に筋トレを組み込んで強制的に運動出来る環境を作る方法をご紹介します。

家事ってどんだけ忙しくても、毎日やらないとダメですよね。なので、家事に運動を組み込むことで運動を継続的に行うことが出来る様になります。

それでは私が提案する、「家事をながら出来る筋トレダイエットのやり方」のやり方を詳しく解説していきたいと思います。

2.家事をしながら出来る筋トレダイエットのやり方

今回紹介する方法で家事を行えば、ふくらはぎ、太もも、二の腕、二頭筋、胸、腹筋などを鍛えることが出来ます。どれも簡単な方法なので、ぜひ試してみてください。

それでは、各トレーニング方法について詳しく解説して行きます。

2-1 皿を洗いながらふくらはぎを鍛える

まず、はじめにご紹介するのは、皿洗いをやりながら出来る筋トレです。皿洗いというと、どうしても面倒だなと感じる事が多いと思います。ですが、この方法を用いる事で家事と同時にダイエット効果が期待できる筋トレが出来ます。そうなると皿洗いをやるモチベーションも上がると思います!

■オススメ関連記事
→【家事やる気が出ない時】給料換算できる家事記録アプリがオススメ!

■やり方

やり方は簡単で、まず普通に立った状態で、かかとを上げます。この状態を維持する訳ですが、やり方のポイントがあります。そのポイントとは、かかとを完全に上げきった状態ではなく「やや下げた状態」を維持するという点です。(図1)

家事をしながら筋トレ(カーフレイズ)
図1

伸ばしきった状態だと、ふくらはぎにかかる負荷が小さくなってしまいます。なので、筋トレ効果を高めたいなら「やや下げた状態」を意識するようにしましょう。あとはいつも通りお皿を洗いましょう。

※この状態が辛いと感じる場合は、伸ばしきった状態でもOKです。

2-2 掃除機をかけながら足腰を鍛える

次にご紹介するのは、掃除機をかけながら出来る筋トレダイエットのやり方です。(掃除機じゃなく、コロコロやクイックルワイパーとかでもOKです。)こちらもイメージ的には、いつも通り普通のやり方で掃除機をかけ、それプラス次に紹介する方法を行います。

■やり方

右足が前、左足をが後ろになる様な体制を作ります。(図2)

掃除をしながら出来る運動
図2

軽く腰を落として太ももに負荷をかけてやります。次は左足が前、右足が後ろになる様に足を変えます。(歩いて進む感じ)そして、また軽く腰を落として太ももに負荷をかけてやります。

通常の筋トレで言うなら、スクワットの様な効果があります。太ももや足腰を全体的に鍛えることが出来ます。足の筋肉は、体全体の筋肉の割合から見ても大きい筋肉です。足の筋肉を鍛えれば、体の基礎代謝量が上がる為ダイエット効果も高まります。

※腰の落とし加減で負荷を調整出来るので、しんどい場合は浅め、余裕がある場合は深めで行う様にしましょう。

2-3 洗濯物を干しながら腕と足を鍛える

次にご紹介するのは、洗濯物を干しながら出来る筋トレダイエットのやり方です。
ここでは2つの運動方法をご紹介します。

■やり方①腕を鍛える方法

1つ目の運動方法は、腕を鍛える運動です。洗濯物を干す所まで運ぶ前に、洗濯かごを持って持ち上げる、下げるを繰り返し行います。イメージ的にはダンベル運動の様な感じで行います。(図3)

家事をしながら出来る筋トレエクササイズ
図3

洗濯物の重さにもよりますが、「左右10回やる」という風に決め事を作って、干しに行く前には毎回行うようにしましょう。

■やり方②足を鍛える方法

2つ目は、洗濯物を干しながら出来る運動を行います。やり方は簡単で、洗濯物を干す時に毎回深くしゃがむようにして洗濯物を取ります。筋トレでいうスクワットの様な動きになります。(図4)

家事をしながら筋トレ(スクワット)
(図4)

腰を痛めない様に、背筋を伸ばし骨盤を立てた状態で、膝と股関節の曲げ伸ばしでしゃがむ、立つ、という動作で運動を行いましょう。

2-4 風呂掃除しながら二の腕を鍛える

次にご紹介するのは、風呂掃除をするときに出来る筋トレダイエットのやり方です。

まず、掃除を始める前に浴槽に手をついて腕立てをしましょう。「風呂掃除を始める前に10回やる」という風に決めて毎日行う様にします。(図5)

お風呂掃除しながら筋トレダイエット!
図5

筋トレでいうとプッシュアップバーという筋トレ器具を使う運動の様なイメージです。

※お風呂の浴槽を洗う時には、棒のついたタイプのスポンジを使わず、小さいスポンジがオススメです。棒タイプのスポンジよりも小さいスポンジの方が運動量が増します!

2-5 家事の合間の休憩をしながら腹筋を鍛える

最後にご紹介するのは、家事そのものではありませんが、家事の合間の休憩中にできる筋トレダイエット方法です。

洗濯が終わるまでの時間や、ご飯が炊けるまでの時間など、家事の合間の待機時間や休憩時間に出来る、ながら運動のやり方を解説します。

やり方は簡単で、スマホをみたりテレビをみたりしながら腹筋を鍛える方法です。

やり方は、下記の記事で詳しく解説しています。

→ テレビ、スマホを見ながら腹筋を鍛える!寝ながら出来る超簡単な方法

3.家事をしながらの筋トレダイエットがオススメな理由

今回ご紹介した「家事をしながら出来る筋トレダイエットエクササイズ」がオススメな理由は次の様な点です。

3-1 毎日やる習慣がつく

「今日は運動しよう!」「ダイエットの為に動かないと!」と考えていても、忙しくてなかなか出来なかったり、しんどいなと感じやすくなります。

その点、家事をやるついでに運動する様にすると、「気づいたら運動出来てた!」という状態を作る事が出来る様になります。

習慣化してしまうことが出来れば、結果的に長く続ける事が出来ます。今回ご紹介した方法は、がっつり筋トレをやるよりも負荷が弱い可能性があります。がしかし、すぐに辞めてしまう負荷の大きい運動よりも、続ける事が出来る軽い運動の方が最終的には効果があると思います。

3-2 時間を有効活用できる

筋トレをやる時間、ダイエットの為に運動する時間、という風にガッチリ時間を分けてしまうと、忙しくて出来ない…という状況に陥りやすいです。毎日行う家事に運動を組み込むことで、時間を有効に活用する事が出来る様になります。

4.まとめ

今回は「家事をしながら痩せる!筋トレダイエットエクササイズの方法とは?!」というテーマでお送り致しました。ぜひ今回紹介したエクササイズを毎日の家事に取り入れて、スリムなナイスボディを目指して頂ければと思います!

■筋トレダイエット関連のおすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました