ステッパー運動の筋トレ、ダイエット効果を高める負荷調整のやり方

ステッパー運動の筋トレ、ダイエット効果を高める負荷調整のやり方 筋トレ

この記事では、下記の様な方に参考にして頂ける内容をご紹介します。

  • ステッパー運動のダイエット効果を高めたい人
  • ステッパーを使った筋トレのやり方が知りたい人
  • 負荷を調整して高負荷なトレーニングを行いたい人

単調で負荷が軽くなりがちなステッパー運動の負荷を調整して、ダイエット効果と筋トレ効果をUPさせる事が出来る「ステッパー運動の効果を高める為の方法」をご紹介します。

1.ステッパー運動の筋トレ、ダイエット効果を高める負荷調整のやり方

ステッパーとは、足踏み運動を行う為の油圧式の運動器具です。
室内で簡単手軽に有酸素運動が出来るので、家トレやおうちダイエットにも最適なグッズです。

■私が使っているステッパー

※コチラの商品の詳しい使用レビューはコチラの記事で紹介しています。

■ステッパーの問題点

上記の記事でも紹介していますが、ステッパーの最大の弱点は「負荷調整に限界がある」といった所にあります。その為、慣れてくると物足りなくなってしまいやすいです。

実際に私もステッパーを購入し試してみた所、やはり慣れてくると物足りないな…と感じる様になりました。そこで、今回はその時に試した「ステッパーの効果を高める方法」を3つご紹介したいと思います。どれも簡単な方法なので、是非試してみて下さい。

2.ステッパー運動の消費カロリーを増やす方法

では、実際に私が試したステッパーの効果を高める為の方法をやって行きましょう。

まず初めに紹介するのが「全身を使って消費カロリーを増やす方法」です。

一番簡単に出来る方法がコレです。

2-1 全身を使って消費カロリーを増やす方法のやり方

ステッパーのダイエット効果を上げる方法
全身を使う方法

①手を大きく振る

手を大きく振る事で、肩の筋肉や腕の筋肉にも負荷を与える事が出来ます。

②体を左右に振る

手を振るのと同時に体を左右に動かします。(実際に歩いているイメージで動かす)

2-2 全身を使って消費カロリーを増やす方法の効果

この方法でステッパー運動を行う事で、足だけの運動になりがちなステッパー運動を全身の筋肉を使ったトレーニングへと変える事が出来ます。

負荷はそれほど大きくありませんが、実際のウォーキングに似たような有酸素運動に変える事が出来ます。

3.ステッパー運動の負荷を高める方法

次にご紹介するのが「加重をしてステッパー運動の負荷を高める方法」です。

全身を使ってやる方法では物足りないな…という風になった時にオススメな方法です。

3-1 加重をしてステッパー運動の負荷を高める方法のやり方

動作的には、「全身を使ってやる方法」と同じでOKです。
違いは、おもり(ウエイト)を持ったり、装着したりしながらステッパー運動を行うところです。

ステッパー運動の消費カロリーを増やす方法
ダンベルで消費カロリーを上げる!

軽めのウエイトなら、装着可能なリストウエイトがオススメです。
手首や足首に装着できるので、落としたりする心配がありません!

重めのウエイトになってくると、ダンベル等の本格的なウエイトがオススメです。
おすすめは、ラバーカバーが付いているダンベルです。

床に置いたりする時に傷が付きにくいですし、ラバーが付いているとなんとなく安心感があります!

3-2 加重をしてステッパー運動の負荷を高める方法の効果

腕にかかる負荷を高める事ができ、全身運動による負荷と消費カロリーが高まります。

重めの加重なら筋トレ効果がUPしますし、軽めの加重ならダイエット効果UPも期待出来ます!

4.足を曲げて高負荷トレーニングに変える方法

最後にご紹介するのは、「足を曲げて高負荷トレーニングに変える方法」です。

全身を使ってやる方法を強化したのが、加重をして負荷を高める方法です。
それを更に高負荷にする方法が「足を曲げて高負荷トレーニングに変える方法」です。

4-1 足を曲げて高負荷トレーニングに変える方法のやり方

①通常ステッパー運動をする時よりも膝を曲げる

感じ的には、ステッパー運動とスクワット運動を足したような感じですね。
違いは膝を曲げて行うという点です。

※膝の曲げ具合で足にかかる負荷を調整する事ができます。

ステッパー運動の負荷を調整する方法
膝を曲げれば負荷が高まる!

②ウエイトを持ってやる

さらに高負荷にしたい場合は、ウエイトを持ってこのステッパー運動を行います。

ステッパーで高負荷トレーニング
膝まげ+加重でさらに高負荷に!

膝をまげつつ加重する事で、ステッパー運動を高負荷サーキットトレーニング(HIIT)に変える事ができます。

■関連記事

無料で使えるHIIT、サーキットトレーニング用タイマーアプリがおすすめ!

4-2 足を曲げて高負荷トレーニングに変える方法の効果

膝を曲げて行う事で、ふともも、ふくらはぎへの負荷を高める事が出来ます。
これによりステッパー運動と共に、スクワット運動の効果がプラスされます。

さらにウエイトを持って加重する事で、筋トレ効果、ダイエット効果ともに高める事ができます!

まとめ

今回は「ステッパー運動の筋トレ、ダイエット効果を高める負荷調整のやり方」をご紹介いたしました。

簡単に出来る方法なので、是非ダイエットや筋トレに取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 今回紹介した方法まとめ
    • ステッパー運動の消費カロリーを増やす方法
      =全身を使う!
    • ステッパー運動の負荷を高める方法
      =加重する!
    • 足を曲げて高負荷トレーニングに変える方法
      =膝を曲げる!

■おすすめ関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました