無料で使えるHIIT、サーキットトレーニング用タイマーアプリがおすすめ!

HIIT、サーキットトレーニング用無料タイマーアプリ ダイエット
  1. HIITトレーニングしてる人!
  2. 使いやすい無料の筋トレタイマーを探している人!
  3. サーキットトレーニング用の筋トレタイマーを探している人!

そんな方におすすめな、簡単便利なHIIT、サーキットトレーニング用のアプリを紹介したいと思います。

1.無料で使えるHIIT、サーキットトレーニング用タイマーアプリがおすすめ!

今回ご紹介するのは、こちらのアプリです!

その名も「サーキットトレーニングタイマーエボリューション」です。

このアプリの主な機能と、詳しい使い方をご紹介いたします。使い方は至ってシンプルなので説明なしでも使えますが、軽く読んで頂けるとさらに簡単に使える様になるかと思います。

→今すぐ使いたい方はコチラからどうぞ。

2.サーキットトレーニングタイマーエボリューションの主な機能

無料のHIIT、サーキットトレーニングタイマーアプリ
アプリのイメージ

■サーキットトレーニングタイマーアプリの主な機能一覧

  1. 最大10種目のタイマーを個々に設定出来る!
  2. セット数も決められる!
  3. 始まりと終わり5秒前を知らせる設定もあり!
  4. ダウンロード不要のWEBアプリなので簡単お手軽に使える!
  5. ブックマークやホームに登録をして置けば簡単に呼び出せる!
  6. パソコン、タブレット、スマホ、iphone、androidで使える!

2-1 最大10種目のタイマーを個々に設定出来る!

HIITトレーニング、サーキットトレーニングは色々な種目を行います。このタイマーアプリでは、最大10種目行うトレーニングに対応しています。もちろん個々の種目に応じてトレーニング時間を設定出来ます!

2-2 セット数も決められる!

HIITトレーニング、サーキットトレーニングでは、前述のとおり多くの種目を行う訳ですが、それと同時にセット数も多く行う場合が多いでしょう。そんな場合にも対応できる様に、このタイマーアプリではセット数の設定も行う事が可能です!

2-3 始まりと終わりを知らせる設定もあり!

休憩とトレーニング開始、終了が近い事を知らせてくれる機能も搭載しています。

トレーニング開始前には、トレーニング開始前のカウント音がトレーニングの開始準備を促してくれます。トレーニングが終わる前にも「あともう少しで終わりだよ!」っとわかるように終了前のカウント音が鳴り、トレーニングの終了が近い事を教えてくれます!

2-4 パソコン、タブレット、スマホ、iphone、androidで使える!

ダウンロード不要のWEBアプリなのでどこでも簡単に使えます。自宅なら、PCやタブレット、fireTVなんかでも使えます。もちろんiPhoneやandroidなどのスマホでも使用する事が出来ます!

3. サーキットトレーニングタイマーエボリューションの使い方

では、サーキットトレーニングタイマーエボリューションの、詳しい使い方を見ていきましょう!

■基本的な使い方

タイマーを開始する時は「STARTボタン」を押す事でタイマーが動き出します。タイマーを0に戻したい時は「RESETボタン」を押せば0に戻ります。

基本的な使い方は以上ですが、設定が初めてだとちょっとややこしいので、やり方を詳しく解説して行きます!

3-1 サーキットトレーニングタイマーアプリの初期設定

初期設定では下記の様になっています。

  • 種目数 1個
  • 種目時間  10秒
  • インターバルタイム 10秒
  • セット数 1セット
  • セット前カウントタイム 10秒
  • 開始5秒前のカウント オン
  • 終了5秒前のカウント オン

3-2 トレーニング内容に合わせてタイマーを設定しよう

それでは、実際に行うトレーニング内容に合わせてタイマーを設定していきましょう!

アプリメイン画面の「SETTING」ボタンを押すと、設定画面が出てきます。

HIITタイマーアプリの設定画面
設定画面

こんな感です!

項目が多くてややこしそうですが、このあとじっくり説明して行きますのでご安心を!

3-3 トレーニングの種目数を選択しよう

まずは、トレーニング全体の種目数を設定します。

例えば腕立て伏せを20秒、腹筋を30秒、背筋を30秒を3セットやるトレーニングなら

種目数 3

という感じで設定します。

3-4 各種目のトレーニングタイムを設定しよう

つぎは、各種目のトレーニング時間を設定します。

1種目 20 秒
2種目 30 秒
3種目 30 秒

って感じで入力しましょう。

※ 種目数を増やせば、増やした分の種目の時間設定が出てきます。

3-5 インターバルとセット数を設定しよう

次は、インターバルとセット数を設定していきます。

例えば、腕立て伏せ20秒して、休憩(インターバル)を10秒、そして、腹筋20秒するトレーニングをするとします。これを1セットとします。

それを5セット行うなら

インターバル 10秒
セット数    5

と設定すればOKです。

3-6 セット前のカウントタイムを設定しましょう。

ここからはカウントの設定をしていきます。

例えば、腕立て伏せ20秒、腹筋30、背筋30秒を1セットとして、それを3セットするとします。

1セット終わって、次のセットを始める前に鳴るカウントダウンの秒数を設定します。

毎セット始める前に10秒カウントを鳴らしたい場合は

セット前のカウントタイム 10 秒

とします。

※0秒にすると調子が悪いので、最低でも1秒以上に設定することをオススメします。
※基本はインターバルの時間と同じにしたらOKかと思います。

3-7 カウントのサウンド設定をしよう

開始5秒前のカウント、終了5秒前のカウントの設定は、初期設定が使いやすいです!

がしかし、5秒前のカウント機能が不要な場合は、それぞれ要らない方をオフにもできます。

基本は初期設定の

開始5秒前のカウント オン
終了5秒前のカウント オン

基本的には、初期設定のままでOKです。これをオフにしてしまうと「いきなり始まり!」、「いきなり終わり!」みないな感じになってしまって使いにくいです…。

3-8 設定OKボタンを押して設定を終了する

設定の変更が終わったら設定画面下の「設定OKボタン」を押して下さい。これでサーキットトレーニングタイマーの設定は完了です!

3-9 サーキットトレーニングタイマーの設定に関して

サーキットトレーニングタイマーエボリューションは、設定OKボタンを押した時点で、設定した情報をブラウザに保存する機能を搭載しています。そして、サーキットトレーニングタイマーを使用する際に、毎回呼び出してタイマーを作動させます。

つまり、毎回設定する必要がなく、前回設定した内容を何回も使用する事ができます。

設定を変更したい場合は、もう一度設定画面を開き変えたい設定を変更し、設定OKを押せば設定データが上書き保存されます。

※初期設定の値に戻したい時は、「初期設定に戻す」を押すと初期値に戻すことができます。

3-10 記録するボタンを押せばトレーニングの記録が出来る!

アプリの右下に「記録する」というボタンがあります。このボタンを押せば、「筋トレ終了です!(〇月〇日〇〇:〇〇)」という感じで簡単にtwitterに投稿する事ができます。

この機能を使えば、いつ筋トレをしたのかの記録が残るので便利です!

4.サーキットトレーニングタイマーエボリューションのまとめ

今回はサーキットトレーニングタイマーアプリをご紹介させていただきました。ぜひHIITトレーニング、サーキットトレーニングのお供にいかがでしょうか?

■今回紹介した、サーキットトレーニング用筋トレタイマー

Circuit training TIMER Evolution
サーキットトレーニング用の筋トレタイマーです。

■筋トレのインターバル(休憩時間)だけをはかるアプリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました