マイナス思考をプラス思考に変える!スーパーポジティブに生きる方法!

悩みをプラスに変える方法 メンタル

「あぁ、どうしよう…」、「なんで自分は悪い方にとってしまうんだろう…」、といつもマイナス思考な考えが頭を駆け巡ってしまう事はないでしょうか?

  • 物事を悪い方にばかり考えてしまう
  • 小さな事ですぐに悩んでしまう
  • 悩んでばかりいる自分が嫌になる

マイナス思考の人の頭の中では、このような考えが渦巻いてしまっています。
この状態に陥ってしまうと、マイナス思考から抜け出す事が出来なくなってしまいます。

何を隠そう、私も昔は何でも悪い方に考えてしまうマイナス思考な人間でした。でもこれでは人生しんどいなと思い、思考のクセを見直すことにしました。そうすると、いつの間にかポジティブな性格に変わる事が出来ました。

そんな過去の経験から、マイナス思考をプラス思考に変える方法を皆さんにご紹介したいと思います。

マイナス思考をプラス思考に変える!スーパーポジティブに生きる方法!

それでは、マイナス思考をプラス思考に変える方法を解説して行きます。
この方法をマスターすればあなたもポジティブに生きる事が出来る様になるかもしれません。

※効果は私の主観ですが、簡単な方法なので是非試してみてください。

悩むことは良い事であると考える

悩むということは、問題を直視して物事をよりよくしていこうという前向きな反応です。
悩むという行為は、問題を問題と認識しているからこそ、出来る行為です。

なのでまず、マイナス思考な自分がダメだと思わないでください

マイナス思考がダメなのではなく、マイナス思考がダメだと思う事に問題があります。
思ってしまうの事自体が悪いのであって、あなた自身が悪い訳ではありません。

思ってしまうのは、思考のクセが原因です。
この思考のクセを治す事でポジティブ思考を手に入れる事が出来ます。

変えられることに注力する

どう頑張っても変えられないモノばかり見てしまうと、見事にマイナス思考地獄に陥ります。

頑張ったら解決できるモノに目を向ける様にしましょう。

「頑張ったら解決出来た!」この経験が自身にもなりますし、モチベーションを高める事にもなります。そして、これがポジティブ思考に繋がります。

逆に、どう頑張っても解決しない事を解決しようとすれば、無駄に疲弊して「どうせダメなんだ」というマイナス思考の沼にはまってしまいます。

人間関係の悩みなら、「人」が変えられないモノで、「自分」が変えられるモノです。

現実的な目標を立てる

人と比べて高い目標を立てる事は大切ですが、大抵の場合、どんなモノでの上には上がいます。

目指すべきはトップランカーではなく、昨日の自分を超える自分です。自分で勝手にかなわない相手に戦いを挑んで勝手にぶっ倒れる必要はありません。

トップランカーに挑んで「自分はだめだ」と早々に砕け散るよりも、地道に昨日の自分を超える努力を続けた方がゴールに近づけます。

トップランカーに挑むのは自分の限界を超えれた時でも遅くはないはずです。

悩みは俯瞰してポジティブに捉える

何か悪い事に直面したり悩みを抱えてしまったりすると、どうしても目の前しか見えなくなります。

そんな時には、その物事や状態を色々な角度で見る様にします。対人の問題なら、私はこう思ったけど、あの人はこう思った。さらにあの人ならこう思うだろうか?といった感じで色々な視点で物事を眺める様にして考えます。

「どうしても物事を俯瞰してみれない!」っという場合は、マインドフルネス瞑想がオススメです。
詳しくは、コチラの記事をご覧ください。

こういう見方をする事で、マイナスな出来事であってもプラスの面を見つけるが出来る様になります。

こんな感じで、普段のマイナスな思考に対する思考のクセを改善する事が出来れば、自然にプラスの思考が出てきます。

まとめ

今回は「マイナス思考をプラス思考に変える!スーパーポジティブに生きる方法!」という事でプラス思考に変わる為の方法をご紹介いたしました。

■私が執筆した電子書籍一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました