【悩みを解決する方法】完全無料!相談不要!紙とペンですぐ出来る!

書くストレス悩み解決 メンタル

1.【悩みを解決する方法】完全無料!相談不要!紙とペンですぐ出来る!

生きていると、仕事や私生活において、様々な悩みに直面することがあります。 ちょっとした悩みなら、気にしないでおこう、また暇な時に考えようと逃避することも可能です。

しかし、人生の悩みともなれば、逃げているだけではいられない状況に陥る事もあります。

  • 「悩みで頭がパンクしてしまいそう…」
  • 「考えても考えても一向に答えが出ない…」
  • 「どうしたらいいのか、わからない…」

私も以前、こんな風に、悩みで頭がパンクしそうになっていました。

なんとか、この悩みから抜け出したとの思いで、色々と考え抜いた結果、今回紹介する方法を思いつきました。そして実際に、その方法を使って悩みを解決することができました。

自分と同じように、悩みごとで困っている人のお力になれればと思い、今回、私が編み出した「悩みを解決する方法」のやり方を詳しく紹介したいとおもいます。

  • 紙とペンがあればOKです!
  • 1人で出来るので、高額な悩み相談に通う必要もありません。

また悩みを相談できる人がいなかったり、プライベートな内容で悩みを相談しにくい・・・という場合にも有効です!

2.紙に書いて悩みを解決しよう!

それでは、実際に私の編み出した『悩みを解決する方法』の詳しいやり方を説明していきます。

まずA4サイズ位の紙と筆記用具を準備してください。用紙を横向きにして書くのがいいと思います。

2-1 悩みを解決する方法① 願望を書く

悩み解決方法の図

こんな感じで自分の願望を書きます。どうしたいのか、どうなりたいのか、を考えます。

※図では願望が二つですが、二つ以上でも一つでもOKです。

例えば、離婚するか、離婚しないかで悩んでいたとして、どうなりたい、どうしたいかと考える訳ですが。ここでの答えを、離婚したいか、したくないかに設定するのではなく、離婚を考えるに至った問題に対して自分がどうしたいかを書きましょう。

例えば、夫と性格があわなくてケンカが絶えなかった事が問題なら、どうしたいかの答えは「楽しく穏やかに生活したい」といった感じです。

2-2 悩みを解決する方法② 行動を書く

次に先程書いた「願望」を実現させるための具体的な行動を書きましょう。

悩み解決方法の図

願望が「楽しく穏やかに生活したい」ならば、それを実現されるための行動を書きましょう。

図では行動が二つですが、二つ以上でも一つでもOKです。二つ以上なら分岐を増やしましょう。

そこで初めて「離婚する」が出てくるでしょう。ほかには、「お互いが歩み寄る」「しばらく別居する」などが出てくるでしょうか。

2-3 悩みを解決する方法③ プラス面を書く

②で書いた行動に対してのプラス面を書きましょう。何個でもOK

「離婚する」ならば、ケンカがなくなりイラつきがなくなる。

「しばらく別居する」なら、少し冷静になって考えられる

などなど…

2-4 悩みを解決する方法④ マイナス面を書く

②で書いた行動に対してのマイナス面を書きましょう。何個でもOK

「離婚する」ならば、金銭的な心配

「お互いに歩み寄る」ならば、さらにケンカしてしまうかもしれない。

「しばらく別居する」ならば、世間体が気になるなど…

2-5 悩みを解決する方法⑤ 対策を書く

④で書いたマイナス面の対処法を書きましょう。

マイナス面が「金銭的な心配」なら、対処法は、離婚に際しての法律や、必要な生活費などを調べる。

マイナス面が「さらにケンカしてしまうかも」なら対処法は、第3者に入ってもらって話し合いをする。ケンカになる想定をして話し合いを計画する。など。

「世間体が気になる」なら、しばらく旅行に行くということにする。などでしょうか?

これで完成です!!

2-6 悩みを解決する方法⑥ 書けたら眺めよう

紙に全部書けたら、書いた内容を読み返してみましょう。頭で考えていた時よりも悩み全体の問題点や解決法がわかるようになったと思います。

自分がどうしたいかもわからないときは、このやり方で、問題の全体像を把握するのが効果的です。

2.まとめ

今回「紙に書くだけで悩みを解決する方法」のやり方をご紹介しました!

では、なぜこの方法が有効なのか?を最後に説明したいと思います。

2-1 悩みだけでなく全体の状況を把握する事が大切です

戦いに勝つためには、まず相手をよく知らなければなりません。悩みを解決したいなら、まず自分の気持ちと具体的な状況をよく知らなければなりません。

紙に書きだす事で、頭の中では処理しきれない内容を具体的に把握する事が出来ます。問題の一部分しか見えていない状況では、どんだけ考えても有効な解決策が出てきません。

問題の全体を見渡せたら、絶対的に有効な解決策が出てくる可能性が高まります

2-2 悩みの設計図を用意する

わかり易くいうならば、家を建てる時って建築士さんが設計図を書きますよね?もし、設計図がなく頭の中だけで、家を建てるとどうなるでしょう?

めちゃくちゃ頭のいい大工さんなら可能かもしれませんが、普通のごく一般的な人ならば、行き当たりばったりで作業をして、膨大なやり直し作業が発生して家がなかなか完成しません。

悩みに置き換えると、行き当たりばったりで考えてしまっていては、ある部分では有効でも、ある部分には適さない・・・といったように解決策の練り直しが発生してしまします。

その結果「頭がパンクしそう」「ぐるぐるなってしまう」「意味がわからない」といった状態に陥ってしまいます。

2-3 悩み解決の手助けになれば幸いです!

今回紹介した方法は「悩みの設計図」とも言えるのかもしれませんね。

問題と解決方法は、プラス面、マイナス面が複雑に絡み合っているので、すぐには答えが出ないかもしれません。ゆっくりでいいと思います。

今回紹介した方法が、少しでも悩み解消の手助けになれれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました