男性のほうれい線を消す方法!簡単なケアと対策で若々しさをゲット!

女性のイメージ ほうれい線

この記事では、下記の様な方に参考にして頂ける内容をご紹介いたします。

  • 最近ほうれい線が濃くなってきたと悩んでいる方
  • ほうれい線を消す方法を探している男性
  • 笑いジワによるほうれい線を消したい人
  • ほうれい線が出来る原因と対策を知りたい方

若かったころは気にもしていなかったけど、「最近、ほうれい線が濃くなってきた。」「ほうれい線が濃くなってきて老けて見られる。」「老け顔をどうにかしたい!」そんな風に感じてる男性も多いのではないでしょうか?

最近だとテレワークやオンラインでのやり取りが増え、以前より自分の顔を見る機会が増えたせいか、美容に興味を持つ男性が増えている様です。「とはいえ、高価なエステに通うのは気が引ける…」、「高価な化粧品を買うのはハードルが高い!」と思ってしまいますよね?

そこで今回は、男性でも簡単に出来る「老け顔対策」と「ほうれい線を消す方法」をご紹介します!

1.男性のほうれい線を消す方法!簡単なケアと対策で若々しさをゲット!

それでは、さっそく簡単にほうれい線を消す(今より薄くする)方法を紹介していきます!

※私自身も実践している内容です。深いほうれい線を完全に消す事はできませんが、今より浅く出来る可能性は高いです。
ただし、効果に個人差があるのであらかじめご了承下さい。

私が実践している老け顔対策、ほうれい線対策は次の5つです!

  1. 男のほうれい線は美容クリームでケアする
  2. 男のほうれい線は姿勢を正して取る
  3. 笑い過ぎは禁物、笑顔は控えるべし
  4. 男のほうれい線対策の為の正しい歯の磨き方
  5. 日焼け1回ほうれい線のもと?

2.男のほうれい線は美容クリームでケアする

老け顔やほうれい線の対策を行う上でまずやるべきは、基本的なお肌のお手入れを行う事です。

基本的なお肌のお手入れとは、毎日行う洗顔や美容クリームを塗る事です。

残念ながらお肌は加齢と共に劣化して行きます。何もしないとお肌の状態は見事右肩下がりで落ちて行きます。その劣化速度を最小限に食い止めるべくやる対策がお肌のお手入れです。

■基本的なお肌のお手入れの方法

  • 洗顔を行い、お肌を清潔な状態に保つ。
  • 洗顔後には、美容クリームを使う。

女性だと当たり前の事ですが、男性の場合出来ていない人も多いのではないでしょうか?
どんなに良い美容法を実践したとしても、基本的な手入れを怠っていては、良い結果が得られません。

まずはこの基本的な部分がしっかり出来ているかを見直してみましょう!

2-1 洗いすぎにも要注意!

女性の場合は化粧をするので、しっかりと洗顔を行う必要があります。
しかし、男性の場合は、基本化粧はしないので、最低限の汚れを取る程度の洗顔がオススメです。

必要以上の洗顔は、肌の油分を必要以上に奪ってしまいます。

2-2 効果のある美容クリームを使おう

ここで大切なのが、効果のありそうなモノを使うという事です!
私も以前、ほとんど効果が感じられない一番安い美容クリームをなんとなく塗ってしまっていました。

少し高くても、効果が期待出来そうなクリームを使う方が結果的にお得です。とはいえ、めちゃくちゃ高級なモノを使う必要はありません。私が実際に使用して、効果のあったモノを下記の記事で紹介しています。よかったら参考にしていただければと思います。

2-3 実際に使用してみた美容クリームの感想

下記の記事で私が実際に使用した美容クリームの使用レビューを紹介しています。
是非参考にご覧いただければと思います。

3.男のほうれい線は姿勢を正して取る

いつも通りの姿勢、いつも通りの表情で鏡を見てみて下さい!

どうでしょうか?正しく美しい姿勢で立っていますか?「ちょっと姿勢が悪いな…」、「猫背気味で首も前に出てる…」「顔がうつむき気味だな…」なんて方は要注意です。

姿勢が悪いと顔の向きもうつむき気味になります。下向きに顔を倒している時と、ちょっと上向きに顔を上げた時、ほうれい線の具合はどうでしょうか?

3-1 下を向いた時に、ほうれい線は濃くなる

下を向いている時には、顔のお肉が重力で引っ張られて「ストーン」と下に落ちてしまいます。
この状態が続くと、ほうれい線がどんどん濃くなっていってしまいます。

3-2 老け顔対策にストレス解消法がオススメ!

悩み事があったりストレスを抱えていたりすると、どうしても顔がうつむき気味になります。
うつむいて日々を過ごしていると、ほうれい線が濃くなり老け顔になりやすくなります。

そんな場合は、まず自身が抱えている悩みやストレスを解消する事をオススメします。

※私が実践しているストレス解消方法は、下記の記事で詳しく紹介しています。

3-3 姿勢を正してほうれい線を消す方法

いくら悩みごとを解消したとしても、元々姿勢が良くない方は要注意です。姿勢が悪いと本来衰えないはずの筋肉が衰えてしまいます。そうなってしまうと顔の筋肉の衰えにも影響を与えかねません。顔の筋肉が衰えると、皮膚が垂れ下がって老け顔になってしまいます。

姿勢を正すのに手っ取り早いのは、下記の様な姿勢矯正グッズを使用する方法です。頑張って意識しても姿勢が良くならないという場合でも、この商品を使えば楽に正しい姿勢を維持する事が出来ます。

ただ、加齢による筋力の衰えが原因の場合は、背中や腹筋などの体幹を鍛える方法が有効です。
私がやっている方法は下記の様なトレーニングです。簡単なのでオススメです!

4.笑い過ぎは禁物、笑顔は控えるべし

笑顔の素敵な人って魅力的ですよね。こっちまで元気をもらえて、前向きで楽しい気分になります。がしかし、ほうれい線対策の観点からすると、顔を「クシャー」っとして笑う行為は、ほうれい線を濃くする大きな原因となるのであまりオススメしません。

4-1 口角の上げ過ぎには要注意

過度な笑顔には注意が必要です。とはいえ、営業や接客の仕事でどうしても常に口角を上げる必要がある場合は、下記の様な美顔器で普段からマッサージをしておくのがオススメです。

4-2 程よく上品に笑うのがベスト

もちろん、完全に無表情だと筋肉が凝り固まって、逆によろしくありません。なので、私も普段から適度に笑うように心がけています。(もちろん制御不能の場合が多々あります)←よく笑う人。

5.男のほうれい線対策の為の正しい歯の磨き方

毎日、何気なく行っている歯磨きですが、ほうれい線を悪化させる危険性を大いに秘めている為、注意が必要です。

5-1 口の横開きが大きいと危険

下あごを下げて、口を大きく開けている分には問題ありませんが、「いー」ってした状態を長時間するのは危険です。私は極力シワを作らない感じで磨いています。

たまに、洗面台の上で顔を真下に向けてゴシゴシと歯を磨く人がいますが、この磨き方はかなり危険です。私は、ソファー仰向けになってゆっくり細かく磨くスタイルで歯を磨いています。

5-2 デンタルフロスはほうれいの原因に?

私の場合、歯医者に行った際には必ず「1日1回はデンタルフロスをしてください!」っと念入りに言われるんですが…どう考えても、指に巻きつけておもいっきり口を開けてやる方法は危険だなと思い、デンタルフロスではなく糸ようじを使用しています。

私は、下記の様な糸ようじタイプのモノを使用しています。糸ようじで全然事足ります。むしろ、やり難くて続かないデンタルフロスよりも、簡単で続けられる糸ようじの方が効果があると私は思います。

6.日焼け1回ほうれい線のもと?

一昔前ならば男女ともに、小麦色に日焼けした肌の方が「健康的でスタイリッシュ!」みたいな風潮があったかもしれません。がしかし、オゾン層が破壊された現代では、日焼けは、皮膚がん注意、老け顔悪化のデンジャラスメッセージです。

若いときには気にならないかもしれませんが、若い頃に日焼けをしていた方がいいお年になると、シミそばかす、老け顔に悩まれる場合がほとんどです。

今からでも遅くはありません。しっかり日焼け対策を行いましょう。

7.まとめ

今回は「男性のほうれい線を消す方法!簡単なケアと対策で若々しさをゲット!」をテーマにお届けしました。

以前、口の中で舌を動かす方法やマッサージ的な方法をやったりしましたが、イマイチ効果を感じれませんでした。最終的に私が最も効果を感じたのが、今回紹介した日々のほうれい線対策でした。

みなさんのほうれい線対策の参考にして頂けましたら幸いです。

■ほうれい線対策にオススメなクリーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました