メルカリで全然売れない時は、値下げせずに◯◯したらOKです!

メルカリで売れない時は、値段を下げずに◯◯したら売れる理由 メルカリ

メルカリで全然売れない!っていう商品ありませんか?

メルカリで売れない理由は

  1. 値段が高い
  2. 情報が足りない
  3. 需要がない

が主な原因だと思われます。
今回は1番の「値段が高い」について、見て行きたいと思います。

私の売れ具合はこんな感じです♪

メルカリ売れ具合の画像

ただ単に「 値下げして売ればいい! 」というだけの内容ではございません。
値段を下げると勿体ないので、今回紹介する「値下げせずに売る方法」をオススメします。

1.メルカリで全然売れない時は、値下げせずに◯◯したらOKです!

それでは、「 メルカリで商品が売れない時に有効な方法 」を紹介していきます。

■メルカリで売れない時に有効な方法

  • 値下げして売る方法
  • 値下げせずに売る方法

2.値下げして売る方法

値下げをして売る方法は、あまりオススメしませんが、値下げをすれば簡単に売れる確率を高める事が出来ます。

ここでは、「値下げして売れる理由」「値下げのメリット、デメリット」をご説明いたします。

2-1 値下げして売れる理由

売り手は、まず、価格をつけるときに、その商品が売れる価格(相場) と、売りたい価格があり、それらの兼ね合いで値段を決めます。

買い手は、までなら出せるという価格、他にこれより安く売っているところが無いかどうか、を考えます。

メルカリで商品が売れる時=売り手の出した値段と、買い手の求める値段が合致した時。

つまり、値引きをする事で、簡単に買い手が求める価格に合わせる事が出来ます。

2-2 値下げのメリット、デメリット

「売れるなら値下げするのがベストでは?」っと思ってしまうのは早合点です。
ここで値下げのメリットとデメリットを見て行きましょう。

2-2-1 値下げのメリット

メルカリで売れない時は、値下げをすれば、基本的には売れやすくなります。
実際メルカリでは、直接購入者から値下げをお願いされ、値下げをする事で、取引成立となる事が良くあります。

次に説明するデメリットを解消できれば、値下げも有効な売り方となります。

2-2-2 値下げのデメリット

値下げをする事による最大のメリットは、利益が下がる事でしょう。
利益を度外視してでも早く売りたいのか、それとも利益を出して売りたいのか、これによって値下げの有効性が変わります。

値引きをすれば利益が減ります。最悪の場合、手間賃、移動費を考えると赤字になる可能性もあります。値引きをする場合は、下記の様なアプリで、利益をしっかり確認してから値引きする様にしましょう。

■値引き時に使える便利なアプリの使い方を紹介する記事

3.値下げせずに売る方法

次は値下げをせずに売る方法を解説して行きます。

3-1 放置して売る方法

「え?値段を変えずに様子を見ても売れないものは売れないだろう?」と思われるかもしれませんが、実はこういう事が起こります。

たとえば、5000円の商品を、値段を変えずに出品し続けたとします。その間も、利益度外視の1000円の商品は売れていくでしょう。

がしかし、長期的にみると、新たに出品した人、もしくは千円で出品したけどまだ売れていない人が、あなたの出品をみて、自分も儲けたいと思い、あなたより少し安い額、もしく同等の価格に設定します。

1人、2人、3人…と値段を上げていくと、どうなるでしょう?

「商品の相場が高くなります。」

そうなると、状態がいいから5000円よりも、ちょっと高め値段を設定する人も出てくるでしょ
どうでしょう?そうなれば、あなたの商品が売れる可能性が出てきそうじゃないですか?

その時点で、他の商品よりも数百円値段を下げれば、もう売れる商品に大変身です。

実際は、回りの値段が今どうなのかな?相場に変化はあったかな?とかはチェックしたり、気にしなくても大丈夫。いつのまにか勝手に相場が上がって、あなたの商品が売れやすくなっていきます。

※出品する商品ジャンル、希少性、相場の考慮は必要です。相場の調べ方はコチラの記事を参考にしてください。

3-2 商品に文字を入れる方法

次に有効なのが、商品画像に文字を入れるです。「美品」「セール」などポップが付いていると、単純に目に付きやすくなります。見られる回数が高まれば、売れる確率も高まります。

とはいえ、一般的な画像加工アプリを使うと結構手間がかかってしまいます。そこでオススメなのが「メルカリ用の画像加工アプリ(無料)」です。数秒で商品画像にポップを付ける事が出来ます。詳しい使い方は、下記の記事で紹介しています。

メルカリの出品画像を編集!秒で写真に文字を入れれるオススメアプリ

3-3 無料宣伝サイトで宣伝する方法

メルカリでハンドメイド商品を出品されている方もいらっしゃるかと思います。
元々SNSやブログなどでフォロワーが多く集客力がある人は、販売実績に繋がりやすいです。

逆にフォロワーが少なく集客力が低いと、販売実績に繋がらない場合が多いです。
そんな時は、無料で宣伝広告を貼れるサイトがオススメです。相互拡散作用で、自分だけでなく皆の集客効果を利用する事が出来ます。

今はまだ利用者数が少ないですが、利用者数が増えれば宣伝効果が期待できるサイトです。

詳しい使い方は下記の記事で紹介しています。
メルカリやネットショップで集客する方法!無料宣伝サイトがオススメ!

3-4 売り方を一から見直す

売り上げを伸ばしたい場合、既に売り上げを上げている人のやり方を真似するのが一番てっとり早い方法です。下記の記事では、私が実際に月5万稼いだ方法を詳しく紹介しています。

全然稼げていない人は勿論、月5万以上稼いでるけど伸び悩んでいる方にも参考にして頂ける内容かと思います。詳しくは下記の記事をご覧ください。

【メルカリで月5万稼ぐ方法】私が実際にやったやり方を伝授します!

4.売れない時に値下げをおすすめしない理由

メルカリには、メルカリ特有の利益を度外視した価格設定をされる層がいます。
そして、そのことで、メルカリの相場は常に変動しています。

4-1 通常の店舗での値段設定

例えば、ネットで新しいものを買おうとしたとしましょう。
新品の商品には、定価というものがあり◯◯円という設定がされています。

その為、価格で商品を選ぶとなると、割引率であったり、ポイント還元率で、より安い商品、よりお買い得な商品を選ぶと思います。

その事を考慮しつつも、店側は商品を利益が出る価格で販売します。

4-2 売れない理由を作るメルカリの価格設定

それに比べてメルカリでは、お店ではなく個人規模で値段が設定されています。

そして、利益度外視の個人の出品者が、極端に安い値段で商品を販売して、販売価格の崩壊がおこり、相場は絶え間なく変動してしまっています。

■簡単にいうとこんなかんじ!

簡単にいうと、5000円で出品しようとした時に、同じ商品が1000円で多数売られています。

商品の状態もほぼ同じです。売れるのはどちらでしょうか?
答えは明確ですね?では、あなたが取るべき行動はどちらでしょうか?

  1. 1000円か、それ以下の値段に変えて売る。
  2. 値段を変えず売れる方法を模索する。

利益少なくても(200円程度でも)早くお金が欲しいなら1番でしょう。

いや、実質赤字の様な取引ではなく、私も納得できる価格で取引がしたい。
そう思うなら2番をオススメします。

4.まとめ

今回は「メルカリで全然売れない時は、値下げせずに◯◯したらOKです!」をお送りしました。

テレビで「メルカリをやってる多くの人は、利益が200円程度でもメルカリを続けている」と言っていました。これでは下手をしたら、最低賃金以下の労働にはまってしまいます。

勿論、要らないものを売って、100円でもお金になって嬉しいというのもわかります。

が、ちゃんもやれば月◯万とか稼げるので勿体無いです。
 →「 メルカリで月5万稼ぐ方法!私が実際にやったやり方 」

メルカリで全然売れない!っという方は、今回紹介した値下げせずに売る方法を試してみてください。

■値下げせずに売る方法

  1. 放置して売る方法
  2. 商品に文字を入れる
  3. 無料宣伝サイトで宣伝する
  4. 売り方を一から見直す

コメント

タイトルとURLをコピーしました