ローテーブルでのパソコン作業、腰痛対策にバランスボールが最高だった話

ローテーブルでのパソコン作業、腰痛対策にバランスボールが最高だった話 腰痛

この記事では、ローテーブルでのパソコン作業をしていて腰が痛い人に最適な腰痛対策方法を紹介します!ヘルニア持ちの私も、この方法を用いれば腰痛になることもなく、ローテーブルで快適にテレワークを実施できています。詳しい方法を紹介しますので、是非試してみて下さい。

1.ローテーブルでのパソコン作業、腰痛対策にバランスボールが最高だった話

テレワーク、リモートワークの実施で、自宅で仕事をせざるえなくなったけど「家にローテーブルしかない…。」っという方も多いのではないでしょうか?

たまに作業する位なら問題はありませんが、一日中ローテーブルでパソコン作業をするとなると、正直しんどいですよね。主に腰への負担が半端ないです。

そこで今回は、私が発見したバランスボールを使って超快適にローテーブルでパソコン作業を行う方法を詳しく解説して行きます!

2.バランスボールを使ったローテーブルでの腰痛対策のやり方

元々、テーブルでパソコンをするとき様に買ったわけではなく、体幹を鍛えようとおもってバランスボールを買いました。

バランスボールを使えば、体幹を鍛える事が出来ます。さらに、ストレッチや腹筋を鍛える!なんて事も出来ちゃいます。→私のバランスボールでやっているトレーニングの詳細はコチラ

今回は、ローテーブルでの腰痛対策という事なので、その方法を実際に紹介して行きます。

2-1 今回使用したバランスボール

私が使用しているバランスボールは、ダイソーで500円(税込み550円)で売っていたバランスボールです。→ダイソーで買えるバランスボールの使用レビューはコチラ

めちゃくちゃ安くてオススメです。バランスボールを使った事がなかったので、とりあえず安いので試してみようと思いコチラのバランスボールを購入しました。

腰痛対策にバランスボール

私の体重が65㎏程度ですが、まったく問題なく(割れるとか)使用出来ています。
(この商品の耐荷重は200㎏でした。)

2-2 バランスボールでの腰痛対策のやり方

私の場合、こんな感じの場所で作業を行っています。(図1)

ローテーブル腰痛予防
図1

ソファーがあって、その前にローテーブルが置いてあります。
ソファーよりもテーブルの位置が低いので、テーブルでパソコンを使う場合は、地べたに座わる事になります。

※以前は、ソファーの端にクッションを噛ませて、背もたれにして座っていました。

ふと「バランスボールを使ってみたらいんじゃないかな?」と思いつき、やってみたら意外と快適に作業できる事に気が付きました。

バランスボールを使った場合、こんな感じになります。(図2)

バランスボールで腰痛予防
図2

※バランスボールの後ろは、ソファーに当たって固定されています。

3.ローテーブルでの腰痛対策にバランスボールをオススメする理由

腰痛持ちの私が、ローテーブルでの腰痛対策にバランスボールをオススメする理由は、次の3つです。

  1. 体圧が分散されておしりが痛くなりにくい
  2. 反発力があり、いい感じに骨盤を支えてくれる
  3. 安いくせに汎用性がめちゃくちゃ高い

3-1 体圧が分散されておしりが痛くなりにくい

腰痛対策には、座る時に「骨盤を立てる事」が良いとされていますが、ローテーブルで作業する時に「骨盤を立てる」を意識すると、背筋をピン!と伸ばした状態になります。

一見すると姿勢も良くて問題なさげですが、全体重がお尻にかかってしまってあまり良くありません。(図3)というか疲れます。

ローテーブルおしりにかかる負担
図3

デスクチェアとかですと、クッション性が良いので問題はありませんが、いかんせんローテーブルということは、下は地べたです。おしりへの負担が結構大きくなります。

ところが、バランスボールを使えばこんな感じで(図4)体圧が分散されます。

体圧分散で腰痛対策
図4

実際、私もクッション性が特別良い座布団とかに座っている訳ではなく、ちょっと分厚めのラグの上に直で座っている感じです。それでもバランスボールがあると全くお尻の痛みは感じません。

3-2 反発力があり、いい感じに骨盤を支えてくれる

本来は、上にのって「びょんびょん」したりする運動器具なので、反発力がめちゃくちゃあります。例えるならば、トトロのお腹の上の様な感じでしょうか…。これが良い感じに、背中を包み込むようにして支えてくれます。その結果、骨盤も立って腰痛対策に抜群な姿勢を維持してくれます。

真っすぐな姿勢から、45度位倒した姿勢までフォローしてくれる感じです。(図5)

45度でも使える
図5

3-3 安くて汎用性が高い

そして、なんといっても「値段が安い事」です!私の場合、ダイソーの商品なので500円(税込み550円)と激安です。もっと見た目や性能にこだわったとしても、高級な椅子を買うよりもずっと安くで済みます。

おしゃれなバランスボールカバーもあります。部屋に置いておくのにこれだと馴染みますね!

さらに、元々バランスボールは背もたれではなく、トレーニング器具なので、当然のことながらトレーニングにも使用出来ます。テレワーク、リモートワークだと、通勤など体を動かす機会がめちゃくちゃ少ないので、これを使って体幹を鍛えたり腕、腹筋、背筋を鍛える事も出来ます。

疲れた時はこんな感じで(図6)ストレッチも出来ます。

バランスボールでストレッチも出来る
図6

4.パソコン作業で疲れた時のおすすめストレッチ

最後に軽く、ローテーブルでのパソコン作業に疲れた時のストレッチをご紹介します。
私が実際にやっている方法です。

  1. 股関節の動的ストレッチ
  2. 背筋を伸ばすストレッチ

勿論、バランスボールを使って出来る簡単な方法です。今回はバランスボールを使い倒します!

4-1 股関節の動的ストレッチ

①バランスボールの上に座って、やや前傾になり股を開きます。(肘を添える感じ)(図7)

バランスボール股関節ストレッチ
図7

②この状態で、おしりで跳ねるようにバランスボールを「ぼよんぼよん」させます。

③次は「ぼよんぼよん」を止めて、腰から上を前傾させます。

気持ちいい程度に何回か繰り返してやっています。

4-2 背筋を伸ばすストレッチ

①バランスボールの上に寝転がります。

②背中の上から腰の上を転がすように「ころころ」させます(図8)

ローテーブルで疲れた腰をストレッチ
図8

感じ的には、ストレッチポール的な感じですね。
気持ちいいのでお勧めです!

5.まとめ

今回は、「ローテーブルでのパソコン作業、腰痛対策にバランスボールが最高だった話」をご紹介いたしました!みなさんの、快適なテレワーク、リモートワークの参考にして頂ければ幸いです。

※下記の腰痛関連記事でも、参考にして頂ける内容を紹介していますので、よろしければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました