リストローラーは自作がおすすめ!百円で出来る作り方!

リストローラーは自作がおすすめ!百円で出来る作り方! 筋トレ

手首、前腕の筋肉を鍛える方法は色々ありますが、今回は前腕を効率よく鍛える事が出来るトレーニング器具「リストローラー」を自作で作る方法を紹介します。

1.リストローラーは自作がおすすめ!百円で出来る作り方!

リストローラー自体は、Amazonや楽天なら2000~3000円程度で購入が可能です。

これらを「ポチ」っと買ってしまってもいいのですが、「ちょっとだけ試してみたい!」「節約して家であるモノで作りたい!」っていう方もいらっしゃるかと思います。私もそうでした、正直「家にあるモノを使えば作れそうだな!」っと。

この記事では、実際に私が作った自作リストローラーの作り方を紹介します!
めちゃくちゃコスパがいいのでオススメです。

2.自作リストローラー作りに必要なモノ

今回紹介する自作リストローラー作りに必要なものは、次の4つです。基本的には、家にある様なものを使って作れます。クローゼットやパントリーに下記の材料がないか探してみましょう!

2-1 必要な材料

  • ラップの芯
  • ビニールひも
  • ウェイト※ペットボトル等でも代用可
  • カラビナ※あれば尚良し
激安自作リストローラー作りに必要な材料

2-2 必要な材料について

自作ローラー作りに必要な材料は以上です。ラップの芯は、丈夫で固めのモノがオススメです。ビニールひもはダイソーに売っている様なモノでOKです。

ウェイトは、ダンベルやバーベルにつけるウェイトが理想ですが、ペットボトル等での代用も可能です。カラビナもあれば尚良しですが、無しでも作成可能です。

3.自作のリストローラーを作る方法

それでは実際に、激安自作リストローラーの作り方を詳しく紹介して行きます。

3-1 ラップの芯にに穴をあける

ラップの芯の中心辺りに穴をあけていきます。わたしの場合は、大体の位置に「先の尖ったネジ」でゴリゴリと穴をあけました。(図1)反対側にも同じように穴をあけます。(大体裏表同じ位置に穴をあけるようにしましょう。あとでやるヒモを通す作業が楽になります。)

激安自作リストローラーの作り方1
図1

3-2 穴にビニールひもを通す

こんな感じでビニールひもを通します。(図2)そのまま通そうとしましたが、なかなかに苦戦してしまいました。ビニールひもの先端10センチ位を、セロハンテープで巻き付けてやるとヒモが硬くなって通しやすくなります。

激安自作リストローラーの作り方2
図2

3-3 通したひもを結ぶ

図3の様な感じで、穴に通したビニールひもを結びます。

激安自作リストローラーの作り方3
図3

3-4 ビニールひもの長さを調整する

リストローラーを使用する時の状態を想定をして、ヒモの長さを調整して行きます。私の場合は、立った状態で腕を下に垂らした状態でトレーニングを行うのを想定し、ヒモの長さを調整しました。

3-4-1 ラップの芯の中心から床までの長さを測る

立った状態でラップの芯を握り、ラップの芯の直径の中心から、床までの長さをメジャーで測ります。(図4)私の場合は、約60センチでした。

激安自作リストローラーの作り方4
図4

3-4-2 ウエイトにヒモを通して長さを調整する

実際ビニールひもをウェイトに通します。このときカラビナを取り付けて実際の使用を想定した感じにして、長さを測っていきます。(図5)ラップの芯の直径中心からウエイトの端(床側)までの長さを、さっき図った60センチ(私の場合)にするわけですが、私は、念のため短めの55センチに設定しました。

激安自作リストローラーの作り方5
図5

3-4-3 カラビナ取り付け位置にマーキングをする

このあと一旦、ウェイトを外してビニールひもを結ぶ作業をするので、その前にカラビナを取り付ける位置にマジックでマーキングしておきます。(図6)

激安自作リストローラーの作り方6
図6

3-5 カラビナを結んで取り付ける

それでは、一旦ウェイトからヒモを外して、カラビナを取りつけて行きます。さっきマジックでマーキングした部分をカラビナ取り付け位置に合わせます。(図7)そして、その部分で結んで固定します。(図8)コレでほぼ完成なので、ビニールひもの不要な部分をカットしておきましょう。

激安自作リストローラーの作り方6
図7
激安自作リストローラーの作り方7
図8

3-6 自作リストローラーの完成!

完成した自作リストローラーをウェイトに通してみましょう。
完成品がこんな感じです!どうでしょう!?いい感じですね!

激安自作リストローラーの作り方8

4.【追記】壊れやすい事が判明…

実際に、今回作った自作リストローラーを使用していた所、残念ながら壊れそうになりました。厳密に言うと、まだ使用は可能なのですが、「このまま使い続けるのは不可能な状態だな…」という状態になりました。

4-1 主な問題点

私が使用していたウェイトが5キロだったのですが、この重みによりビニールひもが、ラップの芯に開けた穴に食い込んでいってしまいました。もっと軽い重量だと問題なかったかもしれませんが、このままの重量でやり続けるのは無理だと判断しました。

4-2 食い込み問題の解決方法

色々と対策を考えてみましたが、ラップの芯の構造上と耐久性を考えると「リストローラー」として使うにはちょっと無理だなと考えました。その解決策としては「巻く」というトレーニングスタイルをやめて、「ただ単にラップの芯を回す」トレーニング道具としての利用に切り替えました。

やり方としては「ひもを単純にわっかにして、ラップの芯にかけて回す」という感じです。っといっても、文字だけではわかりにくいので写真を用意しました。(写真1)

自作リストローラーの作り方の注意点
写真1

■トレーニング方法について

この状態で、元々のリストローラートレーニングっぽい感じで使ってみたところ、巻き取りによる負荷がない為なのか、若干負荷が弱まってしまった様に感じました。その改善策として、元々1方向で行っていたモノを、前後の2通りでやると「いい感じ」に前腕に負荷をかける事が出来ました。

■激安自作で作ってみたい人におすすめ

結果的には、リストローラーっぽいモノになってしまい申し訳ございませんでした。ただ、似たようなトレーニング効果はありますので「激安自作で作ってみたい!」という方は、是非参考にしてみて下さい。

5.まとめ

今回は「リストローラーは自作がおすすめ!百円で出来る作り方!」をお送りいたしました。しかし、残念ながら、耐久性に問題アリで使用不能になってしまいました。4で紹介した解決方法で試して頂ければ幸いです。

激安かつ簡単に出来るので是非お試し下さい!※注1

※注意:使用する重量にもよりますが、なにぶん自作ゆえ、安全性につきましては各自自己判断で宜しくお願いします。念の為に、「真下に足が無い事を確認する」「落下時の吸収を抑える為にクッション等を置く」などの対策をオススメします。

※「安心して本格的に使いたい!」っという方は、下記の様な商品の購入がオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました