【プログラミング初心者向け】独学の手順とオススメの勉強法とは?

プログラミング初心者におすすめな独学勉強法 IT系

この記事は「プログラミング初心者にオススメな勉強方法」を詳しくご紹介します。

全くの未経験者でも大丈夫です。

実際私も、プログラミング未経験でしたが、数カ月でプログラミングを独学で学び、WEBアプリケーションを完全自力で作れる様になりました。

■私が勉強したプログラミング言語

  • HTML/CSS・・・WEBサイトを作ったり、見た目を整えたりするマークアップ言語
  • javascript・・・WEBサイトに動きや機能をつけるプログラム言語
  • three.js・・・javascriptで3Dアニメーションを作るライブラリ
  • React.js・・・UIを作るjavascriptライブラリ
  • PHP・・・サーバーとデーターをやり取りするバックエンドプログラム言語
  • MySQL・・・サーバーのデータを取り扱う時にサーバー言語
  • Python・・・パソコン作業の自動化、機械学習に使うプログラム言語

私が勉強したのは、主にWEB系のプログラム言語になります。現在の主な活動としては、WEBアプリケーションの開発、WEBサービス、WEBメディアの運営、デジタルコンテンツの制作販売等を行っています。

本業プログラマーとして転職を考えている方はもちろん、「副業としてプログラミングを学びたい!」という方や「今の仕事にもプログラミングを活かしたい!」という方にも参考にして頂ける内容です。

皆さんも、プログラミング学習への一歩を歩み始めましょう!

■おすすめ関連記事
>>プログラミング勉強する意味はない?副業で稼げる?学ぶメリットを解説

1.【プログラミング初心者向け】独学の手順とオススメの勉強法とは?

義務教育でもプログラミング教育が必須化されて来たりしています。
社会人も「プログラミングやった方がいいんじゃない?」的な世の中になってきていますよね。

でも自分はパソコンとか詳しくないから無理だなとか、プログラミングって頭良くないと出来ないんじゃないの?と思って諦めてしまうのは勿体ないです。

そこで今回は、1年ちょっと前までプログラミング初心者だった私が、WEBアプリやWEBサービスを作れる様になった勉強方法をご紹介します。

ぜひ皆さんも、楽しみながら、プログラミング技術習得を目指して頑張りましょう!

1-1 プログラミング初心者におすすめな言語は?

プログラミングと一言でいっても、多種多様なプログラミング言語が存在します。どのプログラミング言語を学ぶべきかは、「自分が何をやりたいのか?」で変わってきます。

例えばiPhoneのアプリを作りたい場合はSwiftアンドロイドのアプリを作りたい場合はKotlinAI、機械学習がやりたいならPythonロボット開発がやりたいならC言語、C++、Javaといった感じです。

なんとなくやってしまうと目標を見失ったり、モチベーションが低下してしまったりします。
なのでまず「自分がプログラミングを使って何をしたいのか?」を明確にしておく事をオススメします。

1-2 プログラミング初心者にオススメなPCは?

プログラミングをはじめるにあたって、PCを購入したり買い替えたりする方もいらっしゃるかと思います。その場合は、PCのスペックはCPUがCore i5程度以上、メモリが8GB以上がオススメです。

それ以下の性能のPCだと処理がモタついたり、学習がスムーズに行えない可能性があります。

モニターのサイズは、小さすぎると見にくいので15インチ以上がオススメです。

■プログラミング初心者にオススメなパソコン

■AI、機械学習の学習にオススメなハイスペックPC
※機械学習の場合は、Core i7程度以上、メモリ16GB以上のハイスペックなPCがオススメです。

2.プログラミング初心者にオススメな勉強法は?

プログラミング初心者の人が、プログラミングを勉強する方法としては、主に次の2つの方法があります。それが「独学で勉強する方法」「プログラミングスクールで勉強する方法」です。

この2つの勉強法について、詳しく解説していきます。どちらも良い点と悪い点があるので、2つの勉強法の違いを理解し、自分に合った勉強方法を選ぶ様にしましょう!

3.【初心者向け】プログラミングを独学で勉強する方法

一番簡単に始める事が出来る、プログラミングの勉強法が「独学」です。
独学なら、会社員、学生、主婦の方でも、すぐにプログラミングの学習が始められます。

独学でプログラミングの勉強する場合は、主に3つの方法で勉強して行く事になります。
これらの勉強方法に関しては、それぞれ一長一短なので、自分にあった勉強方法を選ぶようにしましょう。

それぞれの勉強法の長所短所を理解する事で、効率よく、質の良い勉強が出来る様になります。それでは、この3つのプログラミング独学勉強法」について詳しく解説していきます。

3-1 プログラミング教則本で勉強する

ネットを見れば、プログラミング学習に関する情報が、山の様に溢れています。
もちろん、有益な情報が無料で閲覧出来るのですが、プログラミング初心者の場合「正しい情報」「誤った情報」の選別が困難です。

その為、怪しい情報商材に手を出してしまったり、古い情報であったり正しくない情報をキャッチしてしまう可能性があります。また、自分のレベルに適しているのかの判断も難しいでしょう。

3-1-1 情報の正確さは、ネットより本

情報の正確さはネットよりも「本」に軍配が上がります。

理由は、書籍の方がネットに比べて多くの人のチェックが入るからです。ネットの情報は後からでも気軽に変更が効きますが、本の場合そういう訳にも行かないので、出版する際は内容を慎重にチェックされます。

本のデメリットは、使用するフレームワークやソフトウェアのバージョンが新しい場合、使えない構文が使用された例文があったりする事です。本では基礎的な部分を学習し、ネットを使って新しいバージョンに対応する方法を自分で調べる必要があります。

※ネットでも情報が古い場合は同じ方法で進めます。

3-1-2 情報の鮮度は、本よりネット

情報の鮮度は本よりも「ネット」に軍配が上がります。

ネットの情報は自己完結型が多く、誤った情報が配信される可能性があります。とはいえ、プログラミンなどのIT関連技術は技術革新のスピードが速いので、書籍では最新の情報は得にくいといった難点もあります。多くの最新のプログラム関連の情報はネットに掲載されています。

なので基礎的な知識は書籍で学習し、最新の情報をネットで収集する方法がオススメです。

■プログラミング初心者におすすめな本

JavaScriptとは、一体なんぞやを体系的に学べる事ができます。

HTML、CSS、WEBデザインを勉強したいならこちら

3-2 プログラミング学習サイトで勉強する方法

プログラミングを独学で勉強するのに最適なのが、ドットインストールプロゲートといったプログラミング学習サイトです。書籍で基礎的な知識を勉強した後に、学習サイトを使って勉強しました。

無料で使える部分と、月額会員にならないと利用できない部分があるので注意しましょう。試しに使ってみる分には無料なので、お試しで色々なプログラミング学習サイトを使ってみると良いでしょう。

試しに使ってみて「使いやすいな、このサイトで勉強を続けよう!」と思えば有料会員になる、という感じでOKです。

会員料金は1カ月単位のモノが多いので、気になる学習コースがあった時に課金し、そのコースの学習が終われば解約といった感じでもOKです。私も実際そんな感じで使っていました。

それでは、有名な2つのプログラミング学習サイトの特徴を紹介します。

3-2-1 ドットインストール

ドットインストールは、動画を見て学習するというスタイルのプログラミング学習サイトです。

3分の動画を見ながら実践的に勉強!

基本3分程度の動画を見ながら勉強を進めていきます。実際に講師がプログラムを書いて行く様子も見れるので、スピード感を感じながら実践的にプログラムを学ぶ事が出来ます。

■開発環境も含めて学べる

開発環境の構築が必要なプログラミングでは、開発環境の構築から学ぶ事が可能です。
実践的学習が出来るのでオススメです。

3-2-2 プロゲート

プロゲートは、イラストや解説を読み進めていくスタイルです。実際の開発環境を模したアプリケーション内でコードを書いていきます。

■自由度は低いが、お手軽感は◎

こちらも実践型ですが、学習方法の自由度がやや低いように感じました。
利点としては、開発環境など面倒な作業をスルーして手軽に学習を始める事ができます。

■専用アプリでいつでもどこでも学習可能

スマホ用の専用アプリがあるで、電車での移動時や、昼休みなどの空き時間に、手軽にプログラミング学習が出来ます。

3-3 YouTubeでプログラミングを勉強する方法

先ほど紹介した、プログラミング学習サイトで勉強するのがベストですが、どうしても情報が古かったり「学習したいプログラム言語のコースがない!」なんて事があります。

そんなときは、YOUTUBEなどの動画サイトでの学習がオススメです。私も実際、ライブラリの学習時に利用しました。解説は初心者でもわかり易い内容でした。

初心者以上のレベルになれば、YouTubeやブログの情報ではなく、公式のドキュメントを読んで勉した方が良いです。公式のドキュメントでは、最も正確かつ鮮度の高い情報を手に入れる事が出来ます。

公式のドキュメントは英語の場合が多いので、英語がわからない場合は、Google翻訳で翻訳しながら勉強を進めます。※日本語訳が用意されている場合もあります。

4.プログラミングスクールで勉強する方法

次にご紹介するのは「プログラミングスクールで勉強する方法」です。

独学で問題なのが、わからない所が出てきた時に、めちゃくちゃ時間を浪費するといった点です。

4-1 独学だとコードを書かず汗だけかいて終る事も…

社会人の方なら、仕事終わりや休日にプログラミングの勉強をする事になるかと思います。限られた時間内での学習中に「一行のコードの問題で丸1日悩んで終わってしまったりする」のは、正直しんどいです。

時間を無駄にせず、とにかく効率よく勉強したい方は、プログラミングスクールがオススメです!

4-2 プログラミング未経験での転職ならスクールが有利?

プログラミングスクールの良い点は、就職活動をサポートしてもらえるという点です。スクールに通えば、スクール卒業生の就職先や関連企業への就職を斡旋してもらえる可能性が高くなります。

プログラミング未経験者が独学でプログラミングを勉強したとしても、就職に結びつかない場合があります。転職の為に、プログラミングを勉強をする場合は、プログラミングスクールの受講をオススメします。

5.【プログラミング初心者向け】独学で勉強する時の手順

ここからは、私が実際にやったプログラミング独学勉強法の手順をご紹介いたします。

5-1 ブラインドタッチの練習

私がまず最初に始めたのが「ブラインドタッチの練習」です。

ブラインドタッチが出来なかったので、毎日頑張って練習しました。ブラインドタッチの練習をやった方が良い理由は、ブラインドタッチが出来ないと、学習時間が倍増してしまうからです。

学習サイトで動画を見ながら勉強する時にも、タイピングスピードが遅いと「ついていけない!」という状況に陥ってしまいます。

最初のうちに、時間を割いてでもタイピングスキルを磨いておきましょう。結果的にプログラミングスキルの習得が早くなります。キーボードを見てタイピングしてしまっている方は、まずブラインドタッチの練習をしましょう。

■おすすめ関連記事
>>ブラインドタッチ出来ない人はヤバイ?タイピング初心者向けの練習方法


ブラインドタッチが出来る人も、更にタイピングスピードのさらに高めておくと良いでしょう。

■おすすめ関連記事
>>【javascript】プログラミングのタイピング練習が出来るゲーム!

5-2 本でプログラミングの基礎を学ぶ

タイピングの練習と平行して、プログラミング入門書などの本を買って勉強しました。
内容的には、めちゃくちゃ初歩的な内容です。

プログラミング初心者の場合、「まず何が起こっているのか?」を理解する事が大切です。
初級~上級者レベルまでカバーした内容の本よりも、初心者にわかり易い本を選ぶと良いでしょう。

■私が購入し読んだ本はこちら
JavaScriptとは、一体なんぞやを体系的に学べる事ができます。

HTML、CSS、WEBデザインを勉強したいならこちら

5-3 プログラミング学習サイトで勉強する

学習サイトは、主にドットインストールを使いました。初めはプロゲートとドットインストールを併用し、その後ドットインストールの有料会員に登録した感じです。

私がやった勉強方法は、開発環境を立ち上げた上で、動画を参考に実際にコードを書いて進めていくとう感じです。自分でコードを書いて行くので説明に追いつけず、途中で動画を一時停止しつつ進めていきました。

タイピングスピードが遅いと動画のスピードについていけない可能性があります。

私も、動画を見ながら自分でもコードを一から書いていくと「あれ、全然ついて行けない!」っと何度も動画を止めながらの勉強となりました。その為、タイピング練習を並行して行う事をオススメします。

□オススメ無料タイピング練習ゲーム
>>ブラインドタッチ出来ない人はヤバイ?タイピング初心者向けの練習方法
>>タイピングが全然早くならない人必見!ブラインドタッチ練習無料アプリ!
>>HTML、CSS学習にオススメのタイピング練習ゲーム!!
>>【javascript】プログラミングのタイピング練習が出来るゲーム!

■難しい内容は倍速で見てから!

難しい内容の場合は、とりあえず動画を倍速で見て、その後に実際にプログラムを書きながら学習しました。全体の内容を把握してから細かい部分を詰めていくと、効率よく理解できます。

5-4 学んだプログラミングを使う

プログラミングの知識を学んだら、実際にその技術を使ってみましょう。
私も書籍や学習サイトで学んだ方法を使って、実際に制作物を作ったりしていました。

勉強して学んだ知識を使って「一から何かを作ってみる」という作業がめちゃくちゃオススメです。

作って行く中で、足りない知識や技術を再認識できますし、なにより自分が思い描いたモノを形にするという行為がめちゃくちゃ楽しいので、プログラミング学習へのモチベーションも上がります。

6.まとめ

今回は、【プログラミング初心者向け】独学の手順とオススメの勉強法とは? というテーマで、プログラミング初心者にオススメな勉強方法をご紹介しました。

何より「楽しんでやる!」という事が大切です。楽しいなと思える様な勉強のやり方をすれば、それがスキル習得への近道になります。今回紹介した勉強方法の中から、自分に合った勉強方法を選んで、楽しくプログラミングスキルを向上させましょう!

■プログラミング初心者にオススメな独学の手順のまとめ

  1. ブラインドタッチの練習をする
  2. 本でプログラミングの基礎を学ぶ
  3. ドットインストールで勉強する
  4. 学んだプログラミングを使う

私のオススメは独学ですが、時間があまりない人、早く転職したい人、一人で学習を進めるのが苦手な人はプログラミングスクールの受講がオススメです

コメント

タイトルとURLをコピーしました