急にChromeブラウザがカクカク?動画が重い、バグる時の対処法

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
急にChromeブラウザがカクカク?動画が重い、バグる時の対処法 IT系

この記事では、GoogleのWEBブラウザ「chrome」(クローム)を使っている時に「急にカクカクなる様になった!」という人に参考にしていただける内容をご紹介します。

1.急にChromeブラウザがカクカク?動画が重い、バグる時の対処法

皆さんご存じ、IT大手グーグルのwebブラウザ「chrome」。実は最近、このchromeブラウザを使っていた時に、3D映像や動画がカクカクなる!という症状に見舞われてしまっていました。

「昨日までは普通につかえてたんだけなぁ…。」とうなだれてしまっていましたが、「うなだれた所で問題は解決はしない!」と自分自身に喝を入れて色々と検証してみる事にしました。

今回は、私が実際にやった検証と対処方法を詳しくご紹介します。

2.GoogleChromeがカクカクなる原因と対処方法

私がGoogleChromeの異変に気付いたのは、とある日の夜の事でした。
その日は何となく自作のサイコロアプリを使うためにChromeを使用していました。

すると何故か、画面がカクカクなって3Dアニメーションが止まりまくりで全く使えない状況に…。

GoogleChromeがカクカク!?
カクカクなってサイコロアプリが使えない…!?

一応使ってくださっている方もいるので「コレはまずい!」そう思った私は、直ちにクロームのカクカク問題解消の為に動き出しました。

2-1 GoogleChromeがカクカクなる原因①アプリの不具合

クロームがカクカクなる原因として、まず初めに疑ったのはアプリケーションの不具合です。このアプリは、3D モデルや物理演算ライブラリを用いる事で、サイコロのアニメーションが動くようになっています。

カクカクの原因として考えられるのは「プログラムのバグ」です。なんらかのエラーで処理が重くなっている事が想定できました。

3DCGを用いた他のアプリも確認していましたが、どれも同じくカクカクとなってしまっていました。

ブラウザのカクカク
ルーレットアプリもカクカク

リアルな回し心地が売りの無料ルーレットアプリもカクカクしてしまっています。

クロームのカクカクを治す方法
面接ゲームもカクカク

オープンワールドな無料面接練習ゲームにいたっては、カクカクというよりガクガクで全然使い物にならず…。

がしかし、スマホだと全く問題がないので、アプリのプログラムが問題ではないのかなといった印象。

2-2 GoogleChromeがカクカクなる原因②ブラウザの不具合

この時点では全く原因を特定出来ずにいました。とりあえず、PCで使っているGoogleChromeが悪いのかどうかを確認する為に、Chrome以外のブラウザ(MicrosoftEdge)で同じアプリを開いてみる事に…。

すると「ヌルヌル!」

Chromeで生じていたカクカク現象も全くなく、快適に使用する事が出来ました。ということは、PCのブラウザが原因ということになります。そういえば最近クロームのバージョンアップがあったので、ひょっとしたらバグなのかなと思い、クロームのバージョンをググったりしたものの、同じような症状で悩まれている方もいなさげ…。

ひょっとして「アップデートが上手く行かなかったのでは?」と思い、クロームの再インストールを試みたものの依然カクカク現象が直らず…。

2-3 GoogleChromeがカクカクなる原因③パソコンが壊れている

色々と試してダメったので、この時点で「ひょっとしてPCが壊れてるのかも?」と思う様になりました。もしこれが原因だとするとPCの修理か、最悪買い替えが必要となる為、結構つらいです…。

ネットで調べていると、Windowメモリ診断というモノがあるらしく、それを使えばPCのメモリの異常を診断できるようなので、それを試して見る事にしました。というのも、実はついこないだPCをテーブルから落としてしまいました…。

※windowsなら「メモリ診断」でPC検索をかけると出てきます。

「あー、まさかの買い替えか…。」っと思たんですが、結果は「異常なし」。

2-4 GoogleChromeがカクカクなる原因④Chromeの設定ミス

ここにきて一つ思い出した事があったので、それ試してみる事にしました。それがPCのキャプチャリング(画面録画)をやる際にいじったクロームの設定項目でした。それが「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」のオンオフです。

結果的に、これがカクカク現象のすべての原因でした!

この設定をオンにしておくと、画像や動画などの重い処理を行う際にGPU(グラフィックの処理をするCPUみたいなの)を動かす事が出来ます。逆にオフになっているとGPUが動かず、CPUのみで処理を行う為、処理が追い付かずカクツキなどの現象が起こりやすくなります。

※今思えば、CPUの使用率がやたら高いので、何かおかしいなと思っていました。

この設定をオンにしたら、サイコロもルーレットも面接アプリもヌルヌルに戻りました!

3.まとめ

今回は「急にChromeブラウザがカクカク?動画が重い、バグる時の対処法」を私の実体験と共に紹介させて頂きました。ブラウザのカクカクでお悩みの方の参考になれば幸いです。

■記事内で紹介した無料アプリの紹介記事
すごろく、話題決めに使える!リアルな無料サイコロWEBアプリ!
人生ゲーム風のリアルなルーレットが作れるオススメ無料WEBアプリ
ゲーム感覚で面接の練習が出来る「無料面接シミュレーションアプリ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました