【おすすめなドラレコ】360度、前後、1カメラどれがいいの?

あおり運転 ドラレコステッカー

毎日の様に、テレビやニュースであおり運転による暴行事件が報道されています。
私も日常的に車に乗ってますが、車間距離をめっちゃ詰めて煽ってる車をたまに見かけます。

過去には実際に煽られた経験もあります。※その時の体験談を下記の記事で紹介しています。
→煽り運転体験談から学ぶ、被害にあった原因と有効な対策とは?

「道交法が改正されても煽る人は煽ります・・・。」

昔働いていた会社で、イカツイ顔した上司がいたんですが、私に凄く優しく接してくれていました。

人は見た目じゃわからないな…っと思ってたんですが、ある日の朝、私の前の車が、ガンガン前の車を煽っていて、その車がそのイカツイ上司だったのにショックを受けました(笑)

今回は、あおり運転に対策におすすめなドラレコとドラレコステッカーをご紹介します!!

1.【おすすめなドラレコ】360度、前後、1カメラどれがいいの?

結論を言うと、360°のドライブレコーダーつけて、更に「360°録画してますよ!」的なドラレコステッカーを張るのがベストです。

2.360度全方位録画の可能なドライブレコーダー

通常のドラレコの場合は前方のみの録画ですが、360°撮影タイプのドラレコを使えば文字通り360°全方位の撮影が可能です。車内の映像も記録されるので、交通トラブルで暴行を受けた際にも有効な映像を残す事が出来ます。

2-1 おすすめは人気の360°カメラのドラレコ

360°撮影可能なドラレコですが、実は基本後ろから見て「ドラレコがついている!」と認識されにくいです。なので、「360度録ってますよ!」的なステッカーとの併用がオススメです。

2-2 360°ドラレコにおすすめなステッカー

あおり運転防止ステッカー360° / Life Design Factory PINCE ( hiroshivsjason )のステッカー通販 ∞ SUZURI(スズリ)
Life Design Factory PINCE ( hiroshivsjason )がつくったあおり運転防止ステッカー360°のステッカーが購入できるアイテムページ。色やサイズも選択可能。お得なクーポンも配布中!オリジナルアイテム・グッズを手軽に作成・販売できるサイト、SUZURI(スズリ)。自分だけの Tシャツや...

サイズ的にはちょうど、リアガラスに貼ってある「低排出ガス車★★★」や「燃費基準○○%達成車」のステッカーと、横幅が同サイズです。直径8センチ位。厚めの高耐久なステッカーです。

目立ちすぎず、目立たなさ過ぎず丁度いい感じです。

2-3 360度ドラレコは値段が高いのがネック

360度録画は魅力的ですが、結構なお値段です。国産メーカーだと、3万以上する感じでしょうか。Amazonとかで売ってる格安のやつは、画質が総じて悪いようです。

いざ被害にあったり、事故った時に画質が悪くて証拠能力が低いようでは意味がありません。

なので、少々値段が高くても性能の良い商品を買った方が良いでしょう。
安い360°ドラレコを買うなら、360°より安い2カメラタイプのドラレコの方がオススメです。

3.当て逃げ、ナンバー特定には前後2カメラ!

360度録画できるドラレコですが、弱点が1つあります。それは、ずばり「後続車の映像が運転席から見た映像である」です。ん?どういうこと?と思う方は、運転席に乗ってみて後ろを見てみてください。

その視点の映像が録画されます。簡単に言うと「後ろの車が、はっきりと映りません」

例えば、後ろから「ドーン」っと突っ込まれて、そのまま前に回り込まず逃げられるとナンバーを特定できず泣き寝入りするしかないという状況に陥ります

前後2カメラタイプなら、車外やリアガラスにカメラを設置するため、360度のドラレコよりも鮮明に映像を記録する事が出来きます。

当て逃げ、後方からの追突事故には前後2カメラタイプのドラレコがオススメです。

3-1 前後2カメラドラレコ 人気売れ筋ランキング1位」

後方のカメラはリアガラスに貼れるタイプなので、後続車からも「録画してますよ!」感をアピールできます。前後ともに200万画素の高画質なので安心です。

3.車上荒らし、暴行、傷害被害時にはインカメラ!

360度タイプ、前後2カメラタイプ、ときまして次は「前後2カメラ(インカメラ)タイプ」です。

3-1 VANTRUE N2の良いところ

私の車に装着しているのが、このドライブレコーダーです。
実際にこの「VANTRUE N2」を使用したレビューをご紹介いたします。

  • 国産の1カメラドラレコと変わらない値段で、前後(インカメ)録画ができる
  • 取り付け方法が両面テープではなく、強力な吸盤なので取り外しができる
  • 駐車監視モードを搭載している(動体検知)インカメラなので車上荒らしも映る
  • 性能が良く、画質も綺麗
  • Amazonの口コミも良く、国内外のYoutubeチャンネルでも紹介されている

尚、インカメラに映る範囲は、左右窓少し~後方といった感じです。
後方の車の動きも確認できますが、さすがにナンバーまでは見えません。

後ろから煽ってきて、追い越して前に割り込んで…という動きは十分確認出来ると思います。

因みに、Amazonで購入し、購入から約2年ほど使用しています。
国産メーカー品ではありませんが、バリバリ現役で使用しています。

3-2 VANTRUE N2の悪い点と対策

私が使ってみたレビューVANTRUE N2の悪い所は次の通りです。

VANTRUE N2の悪い所① 真夏、炎天下の駐車場で外れる

真夏の炎天下で、会社の駐車場に止めてると、たま~に「ぷらーん」と外れてしまってます。
吸盤なので自由に付け替えが出来る反面、両面テープと比べると固定力が低いでのが問題ですね。

若干スモークのかかってる車なら大丈夫かもしれません。これを改善するには、両面テープで固定してしまうか、吸盤補助シートをフロントガラスに貼って、その上から吸盤をつければOKです。

VANTRUE N2の悪い所② 取り付け部品の可動部の締め付けが緩い

口コミで書いてた人もいたんですが、カメラのアングルを調整する為の可動部が、緩くてカメラ角度がずれてきてしまう事がありました。

ドライバーでの絞めつけで調整はできますが、あまり効果はありませんでした。一度外して中にビニールテープをちょっと噛ませてやる事で、しっかりと固定する事が出来ました。

4.コスパ最強の国産1カメラドライブレコーダー

「360度も2カメラも高い!」「2カメラの海外製品より、安心安全で安い国産メーカーのドラレコが欲しい!」そんな方には、安くて、国産の前方1カメラのドラレコがオススメです。

後ろからの追突事故以外は、基本前方で発生します。なので、前方の1カメラを付けるだけでも安心感が違います。

4-1 安心安全国産メーカーの1カメラドラレコ

2017年に誕生した日本発のメーカーらしいです。wifiでスマホに画像をダウンロードできたりと、今時な感じの最新ドラレコです。価格も安いですね!

4-2 老舗のケンウッド(KENWOOD)のDRV-340

妻の車に使用しているドラレコです。安心安全の日本メーカーのドラレコです。特に目立った機能はありませんが、2年ちょっと使用していても壊れることなく、問題なく使用できています。

駐車監視モードの、動体検知機能が優秀です。(感度調整も可能)
もちろん画質良好で安心して使えます。

5.ドラレコステッカー+ダミーのドラレコ

あおり運転対策として、色んなタイプのドラレコを紹介してきましたが「それでも高い!」と言う方向けに、超コストパフォーマンスの対処法、対処グッズを紹介します!

5-1 コスパ最強な交通トラブル対策グッズ

私の場合、前後2カメラを使ってるんですが、後ろから見ると普通の1カメラなのか、2カメラなのかが後続車にわからない感じでした。

最近、軽自動車に乗り換えたんですが「後ろの車が、やたらと近いなぁ・・・」と思う時が困っていました。これは、なんとかしたい…と思い「360°ドラレコステッカー」を貼りました。

その際のレビューは下記の記事で詳しく紹介しています。

■結果がすごい…

くっつき虫のごとく「ぴたーっ」と後ろにくっつくような車がいなくなりました。

■おすすめ!ダミーフェイク監視セキュリティ 車カメラレコーダ

さらに強烈に煽り運転を防止したい場合は、この商品がオススメです。
これに、360°ドラレコステッカーを張れば効果抜群間違いナシでしょう!

5-2 ダミードラレコの問題点

あおり運転抑制効果は絶大なのですが、実際に車間距離を詰められたり事故ったりした場合、ダミーなので当然「証拠となる映像が残りません」

あおり運転の抑制には効果がありますが、なにかあったとき(被害を受けた時など)つけているメリットはあまりないかもしれません…ただ、被害にあう前に被害に会い難くするのには、非常に有効だと思います。

極力コストをかけずに、あおり運転に対する対策をしたい方にはオススメです!

■さらに、安く済ませたい場合

そんな場合は、ドラレコをつけず、ダミーもつけなくてもOK!
ただただ、リアガラスに「ドラレコステッカー」を付けましょう。

効果抜群!オススメのドラレコステッカーはコチラ

勿論、証拠となる映像も残せません・・・がしかし、「録画中!」をアピールすることで、被害にあう可能性を減らす事ができます。

6.まとめ

今回は、『おすすめなドラレコ、360度、前後、1カメラどれがいいの?』をテーマにお送りいたしました。

あおり運転は、いつどこで、誰でも被害に合う可能性があります。
被害に合わないため予算に応じて、必要な対策を講じておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました