【仕事で結果を出す】ビジネスで成功する為の方法と結果と原因の法則

問題を解決し、目標を達成する 自己啓発

「仕事で結果を出したい!」「結果を出す方法が知りたい!」そんな風に思っている方に参考にして頂ける「仕事で結果を出す方法」、「ビジネスで成功するための方法」をご紹介いたします。

仕事はもちろんの事、私生活においても、結果や目標を達成する事は非常に重要な事です。ビジネスで売り上げを上げれば金銭的、経済的なプラス効果があり、私生活や趣味においての目標の達成は、人生の幸福度が上がる事にも繋がります。

1.【仕事で結果を出す】ビジネスで成功する為の方法と結果と原因の法則

結果を出す為の方法を学ぶ前に、まず「結果」というものが一体どういうモノなのかを認識する必要があります。意味がよくわからないまま、結果だけを求めてしまうと大抵の場合失敗します。

結果についてしっかりと理解を深めて行きましょう。

1-1 結果とは?

結果とは、ある物事を行った事によって生じる現象や状況です。
売り上げが上がった、新記録を出せた、大金を手にした、幸せになったといった事が結果です。

1-2 結果には必ず原因がある

結果には当然、原因となるモノが存在します。

例:

  • 商品が売れたから、売り上げが上がった。
  • 試合で勝ったから、優勝した。
  • こけたから、怪我をした。
  • 宝くじを買ったから、宝くじが当たった

こんな感じで、この世の中で起こる結果には、必ず原因が存在します。

これが結果と原因の法則です。

2.結果を出すための方法「結果と原因の法則を見極めるべし!」

例えば、職場の上司が社員に対して「売り上げをもっと上げろ!」と言ったとします。その場合、社員は売り上げを上げる為の原因を作る為、仕事を増やしたり仕入単価を下げるように仕入先と交渉してみたり、営業方法を変えてみたり、はたまた仕事の効率を上げようと奮闘するかもしれません。

しかし、本当にそれだけでいいのでしょうか?

2-1 結果が出せない人の考え方

結果や目標、成果や問題を考える時、多くの人はこの図の様に考えます。

結果と原因の図

三角の先端が結果で、結果の下にある三角が原因です。
多くの人は、一つの結果に対して一つの原因を考えます。

しかし、結果と原因の真実の姿は次の図の様な仕組みになっていると考えます。

2-2 結果と原因の本当の姿

結果と原因

結果と原因の、ごくごく一部のみが水面上にあり、目に見える状態にあります。
そして、見えにくい水中に、多くの原因や問題が隠れています。

水中にある原因は、水面に出ている原因と比べて、結果への影響力が小さく、すぐに結果に直結する原因ではない場合が多いでしょう。しかし、それらの原因は「結果」を支える大切な一部なのです。

この部分を見る事が出来ていないと、原因を正確に捉える事が出来ません。その結果、全く意味のない(成果の出ない)行動をしてしまう事になります。

表面的な事しか見えていないと、ちょっとした状況の変化に対応できず、右往左往してしまいます。
詐欺や上手い話しに飛びついてしまう人は、まさにこのタイプではないでしょうか?

実際の様々な結果と原因の図を用意したので、一つ一つ解説していきたいと思います。

3.仕事、ビジネス、私生活で成功する為の方法

仕事、ビジネスで成功する為に役に立つ法則を4つご紹介します。

  1. 仕事で結果を出す為の方法
  2. アイドルが成功する為の法則
  3. 成功者の結果と原因の真実
  4. 筋トレ、ダイエットを成功させる方法

3-1 仕事で結果を出す為の方法

会社の問題解決

三角形の一番上にあるのが、結果である「お金、売り上げです」。そのすぐ下には、売り上げを上げた直接的な原因である「仕事(販売、営業の仕事など)」があり、さらにその下には「営業力」や、「仕事のやり方」があります。

さらに下には「商品の独自性」や、「業務の改善活動」や、「優れた計画性」、「社員のやる気」などがあり、さらに下には「5S」や、「人間関係」、「従業員の存在」などがあります。

多くの人は、「売り上げを上げろ!」と言われたら、目の前の仕事を頑張る、仕事を多くこなす、仕事のやり方を変える、といった方法をとります。勿論売り上げを上げる為には、それらの行動は必要不可欠です。

しかし、そこを考えるだけで本当に良いのでしょうか?

売り上げだけに気を取られるのは危険です。売り上げに直接関係のある事だけを考えてしまって、根本にある「従業員の存在」「職場の人間関係」「職場の環境」など、売り上げの土台となる部分をおろそかにしてしまっていては、売り上げの三角形はバランスを崩して倒れてしまうでしょう。

従業員がいなければ、事業は成り立たちません。従業員がいて、尚且つ一人一人のモチベーションが高まってこそ業務が効率化します。そして、結果として売り上げが向上します。なので、どうすれば従業員のモチベーションを上げる事が出来るのか?という思考を持つ事が大切です。

表面的に考えるのではなく、なぜそうなるのか?という風に深堀をしていくことが大切です。

3-2 アイドルが成功する為の法則

アイドルの結果と原因の法則は、次の様な感じになります。

三角形の頂点にいるのが、結果である「アイドル」です。そのすぐ下には、アイドルが所属する事務所やミュージシャンがいます。

アイドルは所属する事務所からギャラをもらっています。事務所、関係者の下には家族、友人などアイドルを支えてくれる存在がいます。例えば、両親の存在がなければこの世に誕生する事もなかったでしょうし、あたたかい家庭がなければちゃんとした大人にもなれなかったかもしれません。

そして、アイドルという結果の一番土台となる部分にはファンの存在があります。ファンがいなければ、仕事としても成り立たず、事務所に所属する事も出来ません。

もし、アイドルがアイドルとして成功する為に直接的な影響のある、事務所や関係者のみに気を使い、ファンの存在をおろそかにしてしまっていたらどうでしょうか?ファンの人達は、「自分たちは大切に思われていない!」という風に感じてしまいます。そして、その結果ファンを辞めてしまうかもしれません。

しかし、人気のある多くのアイドルは、その事を理解しているのでファンを大切に扱います。しかしこれは、単に利害関係云々というよりも、自分の事を応援してくれる人を大切に想う、という人の心理でしょう。

目先の利益を考えるよりも、信用と信頼を大切にする事が大切です。

3-3 成功者の結果と原因の法則

テレビやネットでは、セレブの豪邸大公開と称して、お金持ちの人達の生活の様子や豪邸が映し出されたりします。

これらが、セレブの真実なのでしょうか?

確かに、一回も失敗せずとも、なんの苦労もなく成功した人もいるかと思います。
しかし、多くのお金持ちは、何らかの失敗や挫折を経験しています。

今や誰もが知る大企業の創業者も、過去に何度か事業を失敗し借金を抱えた経験があるそうです。事業に失敗し段ボールハウス生活をするまでに落ち込んだ、という事を全面に押し出したテレビ番組は、あまりないと思います。

■人は物事の良い部分だけに目が行きがち

もしあなたが、成功者の生活を紹介している番組を見たとして「うらやましい、自分もそうなりたい」と思ったとしましょう。

しかし、その成功者が成功に至るまでには、数えきれない苦難があるはずです。
その数えきれない苦難を受け入れる覚悟を持って「自分もそうなりたい」と思えるでしょうか?

成功者を結果にするならば、数えきれない失敗を積み重ねなければなりません。

※多くの起業家は、失敗を結果として終わらせず、次の結果の原因として失敗を糧にします。

例えば、ギャンブルをやる人は「パチンコで何万勝った!」っと大抵自分が勝った時の話をします。
しかし、その何万を勝ち取る為に、その人は果たして、どれだけの時間といくらのお金を失ったのか?という本質を考えなければなりません。

このように、全ての結果には隠された原因というものが存在します。
そして、この隠された原因のもとで結果という結果が存在します。

この事から、結果を出すには、隠れた原因を認識するという事が最も重要になってくる事がお分かりいただけたかと思います。

結果や結果に直結する原因にばかり気を取られて、根本にある原因から目を逸らしてしまうと、目標とする結果から遠のいていってしまう事になります。

3-4 筋トレ、ダイエットで結果を出すための方法

優れた経営者や、優れたビジネスマンの多くは、筋トレやダイエットなどにも力を入れています。
実は筋トレやダイエットを成功させる方法と、仕事で結果を出す方法には多くの共通点が存在します。

ここでは筋トレ(今回はウエイトリフティングを例に挙げて説明します)を成功させる為の方法をご紹介します。筋トレやダイエットを成功させたい人にも参考にして頂けると思います。

3-4-1 目標を達成する為に必要なモノを見極める

下の図を見てみて下さい。一番上には、見事バーベルを持ち上げた人がいます。

この図の結果は「バーベルを持ち上げる」です。その下には「うで」があります。これは腕力であり腕力を鍛える為の筋トレでもあります。

腕で胸の前まで持ち上げれても、頭の上まで持ち上げる事はできません。頭の上まで持ち上げるには、肩の力が必要です。肩の力を付けるには肩の筋力を鍛える筋トレが必要です。

さらに下には背筋であったり、はたまたメンタルがあります。
そして、一番土台の部分には、足と腰があります。

私も以前筋トレをしていた際に、腕の筋肉や胸の筋肉にばかり気をとられ、下半身の筋トレをおろそかにしてしまっていました。

その結果、腕の筋力がつき重たいモノを腕で持ち上げれる様になったのですが、体を支える足腰がの筋力が弱く、重たいものを持ち上げる時に腰を痛めてしまいました。

目標としているモノだけを見るのではなく、目標としているモノを得る為に必要な事を見極める必要があります。

3-4-2 筋トレで結果を出す為に必要な方法を見極める

筋トレで大切なのは回数ではなく、いかに筋肉に上手く負荷をかけらるかという事です。回数をこなす事ばかりに気を取られると、まったく意味のない筋トレをやってしまう可能性が高くなります。

いかに筋肉に上手く負荷をかけるにはどうしたらいいのか?を考える様にすると、正しいフォームを学んだり、モチベーションを上げる方法を調べる事が大切だという事がわかります。

3-4-3 ダイエットで結果を出す為に必要な方法を見極める

ダイエットをやる上で重要な事は、消費カロリーを増やす事摂取カロリーを減らす事です。
テレビやネットの情報を見て、根拠がイマイチわからないまま「〇〇ダイエット」をやってしまうとあまり効果が出ない…といった事になりかねません。

自分が何をやるべきなのか?をしっかりと見極める事こそが、ダイエット成功の為の方法となります。

4.まとめ

今回は「【仕事で結果を出す】ビジネスで成功する為の方法と結果と原因の法則」をテーマに結果を出す為の思考法をご紹介させて頂きました。

仕事、筋トレ、ダイエットなどで結果を出したい方は、是非今回ご紹介した思考法をお試し頂ければと思います。

■おすすめ関連書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました